自己破産の落とし穴!免責不許可事由とは?法律知識から具体的なケース、対応策まで徹底解説(浪費・ギャンブル)

《PR》
自己破産の落とし穴!免責不許可事由とは?法律知識から具体的なケース、対応策まで徹底解説債務整理
あなたの借金がいくら減らせるか?

完全無料匿名OK

>>借金シミュレーターはコチラ

免責不許可事由

自己破産や個人再生などの債務整理手続きは、多くの人にとって借金の重荷から解放される手段です。

しかし、これらの手続きには「免責不許可事由」という重要な概念が存在します。

本記事では、

  • 免責不許可事由とは?
  • 免責不許可事由の具体的な内容

それに該当する可能性がある行為、対処法について詳しく解説します。

免責不許可事由とは

免責不許可事由とは、破産法や民事再生法などに基づき、債務者が一定の不正行為や不当な行為を行った場合に、債務の免除が認められない事由を指します。

これに該当すると、債務整理の最終目的である「借金の免除」が困難となり、債務者にとって大きなデメリットとなります。

破産法上、免責不許可事由は、債権者の利益保護と、債務者の誠実さを求める観点から規定されています。

免責不許可事由の種類

免責不許可事由には、

  • 虚偽の記載
  • 債務隠匿
  • 浪費
  • 偏頗弁済

など、多くのケースが存在します。

これらの行為は、債権者に不利益をもたらすため、裁判所によって厳しく審査されます。

例えば、虚偽の記載や債務隠匿は、債権者名簿の不正確な提出や、財産の隠匿・変造に該当し、これらの行為が発覚した場合、免責許可が困難となります。

また、浪費による債務増加や、特定の債権者への偏頗弁済も、免責不許可事由とされます。
参考公式サイト:破産・免責手続のあらまし(裁判所)

具体的な免責不許可事由

虚偽の記載や隠匿行為
債務者が財産や収入を虚偽に記載したり、債権者から意図的に隠したりする行為は、免責不許可事由に該当します。
債権者名簿への不正確な記載や、資産の隠匿・変造、換金行為などが含まれます。
これらの行為は、債権者の権利を侵害し、債務者の信用を損なうものであるため、裁判所はこれを厳しく審査します。
債務者は、全ての財産や収入を正確かつ公正に申告し、隠匿行為を避けることが求められます。
浪費やギャンブル
過度な浪費やギャンブル、投資など、財政の悪化を招く行為も、免責が認められない可能性があります。
特に、パチンコや競馬、FX投資などの射幸行為による大量の借金は、裁判所からの厳しい評価を受けることが一般的です。
また、高額なショッピングや贅沢な生活費の支出も、浪費とみなされる可能性があります。
債務者は、生活の見直しや節約を心掛け、不要な支出を抑えることが重要です。

参考ページ:競馬で借金:借金返済体験談

債権者への偏頗弁済
特定の債権者のみに返済を行い、他の債権者に不利益を与える行為も問題となります。
これは、平等な債権者間の利益配分を阻害し、債権者間の公平性を損なうためです。
債務者は、全ての債権者に対して公平に返済を行うことが求められ、偏頗弁済を避けるべきです。
犯罪行為による借金
犯罪行為によって生じた借金は、原則として免責されません。
これには、詐欺や横領、不正アクセスによる損害賠償請求権などが含まれます。
犯罪によって得た利益を返済に充てることは、法の趣旨に反し、社会正義にも反するため、これらの借金は免責の対象外とされます。

《裁判所の判断基準》
裁判所は、免責不許可事由の判断を行う際、債務者の行為、意図、事情などを総合的に検討します。
特に、債務者の誠実さや反省の態度、過去の取引履歴、信用取引の有無、ギャンブルや投資による資産の減少状況などが重要視されます。
裁判官は、債務者が免責不許可事由に該当する行為を故意に行ったか、または重大な過失があったかどうかを厳密に調査し、その上で免責許可の可否を判断します。

《対処法と注意点》
免責不許可事由に該当する恐れがある場合、
早期の法律相談や専門家、特に弁護士や司法書士への依頼が重要です。
これにより、適切な法律アドバイスや対処法が得られ、免責不許可事由の回避が期待できます。
また、手続き中の行動や態度にも十分注意が必要です。
具体的には、債務整理の申立て前後の取引記録や帳簿の正確な管理、不要な浪費の抑制、ギャンブルや過度な投資の回避、債権者との適切なコミュニケーションなどが挙げられます。
これらの注意点を守ることで、免責不許可事由のリスクを最小限に抑えることができます。

おすすめの弁護士・司法書士事務所

税金を含めた債務整理・借金返済は、弁護士や司法書士、専門家の力を借りることがおすすめです。

弁護士や司法書士、専門家は、取り立てに対する適切な対応方法を知っており、法的な手続きをサポートしてくれます。

また、弁護士や司法書士、専門家に相談することで、精神的なプレッシャーも軽減されるため、早めに相談しましょう。

イージス法律事務所

免責不許可事由
中央区銀座の法律事務所「弁護士法人 イージス法律事務所」
債務整理(任意整理、破産、民事再生)はもちろん損害賠償請求(交通事故、慰謝料)・家事問題(相続、離婚)・労働問題など幅広い案件を取り扱っており、すべての依頼者の方に高水準のリーガルサービスを提供しています。

代表者長 裕康
第二東京弁護士会 第39874号
所在地〒104-0061
東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル3階
最寄駅東京メトロ銀座駅(日比谷線、銀座線、丸ノ内線)徒歩3分
JR山手線新橋駅 徒歩10分、有楽町駅 徒歩6分
公式サイトイージス法律事務所公式サイトへ

弁護士法人サンク総合法律事務所

免責不許可事由が悪質なケース

都営浅草線宝町駅より徒歩2分、JRまたは日比谷線八丁堀駅より徒歩4分。
中央区八丁堀の法律事務所「弁護士法人サンク総合法律事務所」では、借金問題(債務整理)、交通事故、離婚問題、相続問題など、依頼者のみなさまが企業活動や市民生活の中で直面するさまざまな法律問題に対して、迅速かつ的確なリーガルサービスを提供しています。

代表者樋口 卓也
第二東京弁護士会・第29906号
所在地〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-2-2
UUR京橋イーストビル2階
最寄駅都営浅草線宝町駅より徒歩2分、JRまたは日比谷線八丁堀駅より徒歩4分。
公式サイト弁護士法人サンク総合法律事務所公式サイトへ

関連ページ:債務整理(任意整理・自己破産)をしても年金はもらえますか?

弁護士法人・響

免責不許可事由 浪費

弁護士が経営する響グループは、弁護士・税理士・社労士・行政書士・調査会社から成り立っています。
あらゆる問題・悩みに対してグループ内の連携により、ワンストップで対応できる体制となっております。

代表者西村 茂二郎
東京司法書士会所属 第5765号
簡裁訴訟代理認定番号 第101084号
所在地
  • 西新宿オフィス
    〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
  • 虎ノ門オフィス
    〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル4階
  • 立川オフィス
    〒190-0012 東京都立川市曙町2-16-6 テクノビル4階
  • 大阪オフィス
    〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町2-4-3 ISOビル6階
  • 高松オフィス
    〒760-0023 香川県高松市寿町1-3-2 日進高松ビル7階(旧高松第一生命ビル)
  • 福岡オフィス
    〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴3-1-10 オフィスニューガイア セレス赤坂門NO.19 11階
  • 那覇オフィス
    〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-22-10 那覇第一生命ビルディング3階
公式サイト弁護士法人・響公式サイトへ

弁護士法人ユア・エース

免責不許可事由 ギャンブル

東京都中央区の法律事務所「弁護士法人ユア・エース」では、借金問題(債務整理)、交通事故、離婚トラブル、相続遺言など、様々な法律問題の解決を取り扱っています。

代表者正木 絢生
東京司法書士会所属 第5765号
第二東京弁護士会・第56463号
所在地〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
最寄駅◎東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」1番出口から徒歩5分
◎東京メトロ日比谷線・都営浅草線「人形町駅」A5出口から徒歩5分
◎都営新宿線「馬喰横山駅」A3出口から徒歩8分
◎都営浅草線「東日本橋駅」A3出口から徒歩8分
◎JR総武快速線「馬喰町駅」1番出口から徒歩9分
公式サイト弁護士法人ユア・エース公式サイトへ
免責不許可事由に該当する可能性がある場合、どのように対処すべきですか?

早期の法律相談が重要です。弁護士や司法書士に相談し、適切なアドバイスや対策を受けることがお勧めです。

ベリーベスト法律事務所

免責不許可事由 偏頗弁済

ベリーベスト法律事務所は、弁護士、中国弁護士(律師)、米国弁護士、税理士、弁理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、等の有能で活気ある専門家がそろった、総合法律事務所です。

代表者萩原 達也
第一東京弁護士会 第29985号
所在地〒106-0032
東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
最寄駅東京メトロ南北線[六本木一丁目]2番出口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線[神谷町駅]4a出口より徒歩8分
公式サイトベリーベスト法律事務所公式サイトへ

司法書士 東京総合法務事務所

生活保護 免責不許可事由

過払い金を無料で調査
匿名OK、相談無料

代表司法書士西村 茂二郎
東京司法書士会所属 第5765号
簡裁訴訟代理認定番号 第101084号
所在地東京都港区赤坂6-10-8 SKI赤坂ビル
最寄駅東京メトロ 千代田線『赤坂駅』 徒歩5分
東京メトロ 銀座線・南北線『溜池山王駅』 徒歩8分
公式サイト司法書士 東京総合法務事務所公式サイトへ

アース法律事務所

免責不許可事由 債務整理
元裁判官の弁護士が借金問題を解決
全国どこでも対応可能/初回相談無料/実績3,500件超

代表者名河東宗文
所在地東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
最寄駅
公式サイトアース法律事務所公式サイトへ

アストレックス司法書士事務所

免責不許可事由 自己破産
着手金無料・過払い金調査無料・減額報酬なし

代表司法書士川﨑 純一
大阪司法書士会 第4687号
簡裁訴訟代理等認定番号 第712032号
費用(目安)
  • 相談料 0円
  • 1件 22,000円(税込)〜
所在地大阪府大阪市中央区淡路町1-4-9 TPR北浜ビル7階
最寄駅地下鉄 堺筋線 堺筋本町駅 徒歩4分
地下鉄 堺筋線 北浜駅 徒歩5分
京阪本線 北浜駅 徒歩6分
公式サイトアストレックス司法書士事務所公式サイトへ

アヴァンス法務事務所

免責不許可事由 借金

アヴァンス法務事務所は司法書士法人 アヴァンス・リーガルサービス・グループの司法書士事務所です。
減額報酬・初期費用0円 相談無料・全国対応 年中無休
アヴァンスは2007年の設立以来、23万件以上の相談実績を誇ります。

代表司法書士姜 正幸
大阪司法書士会所属 第4065号
簡易訴訟代理等関係業務認定番号 第312005号
費用(目安)
  • 相談料 0円
  • 着手金(1社あたり)11,000円~(税込)
  • 解決報奨金(1社あたり)11,000円(税込)
  • 減額報酬 減額または免除できた金額の11%(税込)
所在地大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
最寄駅京阪本線 「北浜」駅
地下鉄堺筋線 「北浜」駅
公式サイトアヴァンス法務事務所公式サイトへ
裁判所はどのような基準で免責不許可事由を判断しますか?

裁判所は、債務者の行為、意図、事情などを総合的に検討し、特に誠実さや反省の態度を重要視します。

司法書士法人ホワイトリーガル

免責不許可事由 パチンコ
全国対応で相談料、着手金はゼロ円でOK
24年間で26,200件以上の解決実績

代表司法書士樋口 洋二
簡易裁判所代理権:第101090号
東京司法書士会所属:登録番号第8857号
所在地東京都港区三田1-3-40 天翔麻布十番ビル805
最寄駅大江戸線 赤羽橋駅 徒歩4分
大江戸線、南北線 麻布十番駅 徒歩8分
公式サイト司法書士法人ホワイトリーガル公式サイトへ

ウイズユー司法書士事務所

免責不許可事由 申立

相談無料・全国対応・24時間365日対応
20.000件以上の相談実績

代表司法書士奥野正智
大阪司法書士会 第2667号
簡裁認定番号 第312416号
費用(目安)
  • 相談料 0円
  • 闇金業者1社5万5000円〜(税込)
所在地大阪市北区東天満2-9-1 若杉センタービル本館7F
最寄駅地下鉄谷町線・堺筋線 南森町駅 JR東西線 大阪天満宮駅 ※9番口を出てすぐ
公式サイトウイズユー司法書士事務所公式サイトへ

関連ページ:闇金の相談はどこにすればいいの?
警察・弁護士・法テラス?

司法書士法人ライタス綜合事務所

免責不許可事由 財産の隠匿
24時間365日無料相談・最短当日対応

代表司法書士伊藤 威
神奈川県司法書士会 登録番号1203
簡裁訴訟等代理認定番号601412号
所在地神奈川県横浜市神奈川区台町11-30 台ビル12
最寄駅JR横浜駅徒歩8分
京急神奈川駅徒歩8分
東急反町駅徒歩10分
公式サイト司法書士法人ライタス綜合事務所公式サイトへ

司法書士法人杉山事務所

免責不許可事由 2回目
重債務や巨額債務等お金のトラブルを解決
相談無料・全国対応 年中無休

代表司法書士杉山一穂
登録番号:大阪3897号
認定番号:512093号
所在地大阪市中央区難波2丁目3番7号 南海難波御堂筋ウエスト8F
支店東京都新宿区、愛知県名古屋市、福岡県福岡市、広島県広島市、岡山県岡山市、宮城県仙台市、北海道札幌市
公式サイト司法書士法人杉山事務所公式サイトへ

関連ページ:債務整理についてはトップページで詳しく

 
自己破産しても借金がチャラにならない!?免責不許可事由10選
2024年現在、自己破産をしても借金が免責されない免責不許可事由が11個存在します。

免責不許可事由に該当すると、裁判所の判断により借金の返済義務が免除されません。

免責不許可事由の主なものは以下の10個です。

1. 故意に財産を隠した
2. 借金を免責されるために嘘をついた
3. ギャンブルや浪費で借金した
4. 借金返済のために高額な物品を購入した
5. 過去に免責を受け
6. 債権者への不当な行為
7. 裁判所への虚偽報告
8. 5年以内に個人再生をした
9. 10年以内に自己破産をした
10. 過去に免責不許可決定を受けた

免責不許可事由に該当するかどうかは、個々の状況によって判断されます。

免責不許可事由に該当する可能性がある場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

免責不許可事由の対処法

免責不許可事由に該当する可能性がある場合、早急に弁護士や司法書士に相談することが重要です。

これにより、専門的な知見を基にした適切なアドバイスや対策が提供され、免責不許可のリスクを最小限に抑えることができます。

また、無料相談を提供している法律事務所も多く存在するため、気軽に相談することが可能です。

早期の法律相談により、債務整理のプロセスがスムーズに進行し、不利益な状況を回避することができます。

誠実な対応
裁判所は債務者の誠実さを重視しますので、手続きにおいて正直かつ協力的な態度を保つことが必要です。具体的には、裁判所や債権者とのコミュニケーションにおいて、事実を隠さず、全ての質問に対して正確に回答することが求められます。また、誠実な対応は、裁判所からの信頼を得ることに繋がり、免責許可の可能性を高めます。債務者は、手続き全般において誠実さを持って対応し、裁判所の指示に従うことが重要です。
書類の正確な提出
必要な書類は正確かつ適切に提出し、虚偽の記載を避けることが求められます。これには、債権者名簿、財産目録、収入証明書など、債務整理に関わる全ての書類が含まれます。書類の不備や虚偽の記載は、免責不許可事由となる可能性があるため、最大限の注意が必要です。また、書類作成においては、弁護士や司法書士と密に連携し、正確な内容の確認と提出を心掛けることが重要です。
生活の見直し
浪費を抑え、安定した生活を送ることで、裁判所からの信頼を得ることができます。具体的には、不要な支出の削減、節約生活の実践、ギャンブルや過度な投資の回避などが挙げられます。これらの生活改善により、財政状態の安定化が図られ、裁判所に対して良い印象を与えることができます。また、生活の見直しは、将来的な債務発生の予防にも繋がります。

免責不許可事由の予防

借金を適切に管理し、返済計画を立てることで、免責不許可事由のリスクを低減できます。
収入と支出のバランスを適切に保ち、返済能力に見合った借入れを心掛けることが重要です。
また、返済計画の策定においては、利息や返済期間、返済額の適切な設定が必要です。適切な債務管理により、債務の適正化が図られ、免責不許可事由の発生リスクが低減します。

  • ギャンブルや浪費の抑制
    不要な支出を抑え、ギャンブルや過度な投資を避けることが重要です。これには、日常生活における浪費の見直しや、ギャンブル依存症への対策、投資リスクの適切な評価が含まれます。また、消費者金融やクレジットカードの利用においても、利用限度額の設定や利用状況の適切なモニタリングが求められます。これらの行動により、財政状態の安定化が図られ、免責不許可事由の予防に繋がります。
  • 正確な情報提供
    債権者や裁判所に対して、常に正確かつ最新の情報を提供することが求められます。これには、財産状況、収入、支出、借入れ状況など、債務整理に関わる全ての情報が含まれます。情報の不正確さや遅れは、信用失墜や免責不許可事由の発生に繋がるため、情報管理の徹底が必要です。また、情報提供の際には、誠実かつ迅速な対応が求められます。
  • 法律の知識の習得
    免責不許可事由に関する法律の知識を習得し、違反行為を避けることが大切です。これには、破産法や債務整理に関する法律、裁判所の判断基準など、幅広い法律知識の習得が含まれます。法律の知識を身につけることで、法律違反のリスクを避け、裁判所の信頼を得ることができます。また、法律の知識は、債務整理のプロセスをスムーズに進めるためにも不可欠です。

法テラス 免責不許可事由

よくある質問

免責不許可事由とは何ですか?

免責不許可事由とは、債務者が一定の不正行為や不当な行為を行った場合に、借金の免除が認められない事由のことを指します。

免責不許可事由の具体的な例を教えてください。

虚偽の記載、債務隠匿、過度な浪費、ギャンブル、特定の債権者への偏頗弁済などが免責不許可事由に該当します。

免責不許可事由が判明した場合、どのような影響がありますか?

免責不許可事由が判明すると、債務整理の目的である借金の免除が難しくなり、債務の返済義務が継続します。

免責不許可事由の予防方法はありますか?

債務の適切な管理、ギャンブルや浪費の抑制、正確な情報提供、法律の知識の習得などが予防方法として挙げられます。

免責不許可事由に該当すると、どのくらいの期間債務の返済義務が残りますか?

免責が認められない場合、原則として債務の全額を返済する義務が残ります。返済期間は債務の種類や金額、個別の合意により異なります。

免責不許可事由に該当した場合、再度債務整理はできますか?

免責不許可となった場合でも、一定の期間が経過すれば再度債務整理の申立てが可能ですが、条件や制約が厳しくなる可能性があります。

免責不許可事由は、どのようにして防ぐことができますか?

生活習慣の見直し、債務の適切な管理、法律知識の習得、早期の法律相談などを通じて、免責不許可事由の発生を防ぐことができます。

免責不許可事由に関する法律相談は、どこでできますか?

弁護士事務所、司法書士事務所、消費者生活センターなどで法律相談が可能です。また、一部の事務所では無料相談も提供されています。

免責不許可事由の名義貸しとは?

名義貸しは、自身の名義を他人に貸し、その他人がクレジットカードやローン、携帯電話の契約などを行う行為を指します。
名義貸し自体は法律で禁止されているわけではありませんが、これによって生じるトラブルやリスクは非常に高く、免責不許可事由となる可能性があります。

名義貸しによって、契約者(名義を貸した人)が金銭的な損害を被るケースがあります。
例えば、名義を借りた人が契約したクレジットカードやローンの未払いが発生した場合、契約者が返済義務を負うことになります。

名義貸しによって生じた債務について、債務者が自己破産を申し立てた場合、裁判所はこの債務が免責されるかどうかを判断します。
名義貸しによる債務が不正な手段によって生じたものである場合や、債務者が名義貸しの事実を隠蔽しようとした場合、これが免責不許可事由と判断される可能性があります。

免責不許可事由と非免責債権の違いは?

非免責債権とは、自己破産手続きを行っても免除されない債務のことです。
破産法に基づき、特定の債権が非免責とされています。例えば、慰謝料、養育費、税金、罰金などが非免責債権に該当します。

免責不許可事由は、債務者の不正や不当な行為により、債務の免除が認められない事由です。
一方で、非免責債権は、法律によって免除が認められない特定の債務を指します。これらの違いを理解し、適切な債務整理を行うことが重要です。
参考ページ:非免責債権とは?

免責不許可事由が悪質なケース

免責不許可事由には、様々なケースが存在しますが、特に悪質とされる事例を以下にいくつかご紹介いたします。

  • 虚偽の記載や隠匿行為
    債務者が自身の財産や収入を虚偽に記載し、債権者から故意に隠す行為は、非常に悪質とされます。これにより、債権者の利益が損なわれる可能性があります。
  • 大量のギャンブルや投資
    債務者が大量の資金をギャンブルや高リスクな投資に使い、これが原因で財政が悪化したケースも悪質とされます。特に、債務整理の申立て前にこれらの行為を行った場合、免責が認められない可能性が高まります。
  • 特定債権者への偏頗弁済
    債務者が特定の債権者にだけ返済を行い、他の債権者に対しては返済を行わない、偏頗弁済も悪質なケースとされます。これにより、他の債権者の利益が不当に損なわれることになります。
  • 犯罪行為による借金
    犯罪行為によって得た資金での借金や、犯罪に関連する借金は、原則として免責されません。これらのケースは、社会的にも非常に悪質と見なされます。
  • 故意の債務隠匿や変造
    債務者が故意に債務を隠匿したり、書類を変造することで、裁判所や債権者を欺く行為も、非常に悪質です。

免責不許可事由:まとめ

免責不許可事由は、債務整理手続きにおいて極めて重要な要素です。

これに該当してしまうと、借金の免除が認められず、債務整理の本来の目的が達成できません。

そのため、債務者は免責不許可事由の具体的な内容を理解し、該当する行為を避ける必要があります。

また、虚偽の記載や浪費、偏頗弁済など、様々なケースが免責不許可事由として存在するため、法律の知識の習得も重要です。

早期の法律相談や専門家への依頼、誠実な対応、生活習慣の見直しは、免責不許可事由を回避し、債務整理を成功させるための鍵となります。

最後に、この記事が、債務整理を考えている方々の一助となり、より良い経済的な未来へのステップとなれば幸いです。