借金を踏み倒すことは可能?借金踏み倒しの条件とリスクを紹介します

《PR》
借金を踏み倒すことは可能?借金踏み倒しの条件とリスクを紹介します借金 踏み倒す
あなたの借金がいくら減らせるか?

完全無料匿名OK

>>借金シミュレーターはコチラ

借金 踏み倒す

借金問題は、多くの人々が直面する現実的な問題です。

生活費や医療費、教育費など、さまざまな理由で借金を抱えることは珍しくありません。

しかし、返済が困難になった場合、
どのように対処すればよいのでしょうか?

一部の人々は、借金を踏み倒すという選択肢を考えるかもしれません。

しかし、借金を踏み倒すとはどういうことなのでしょうか?

そして、それにはどのようなリスクがあるのでしょうか?

この記事では、借金を踏み倒すことのリスクと対策について詳しく解説します。

また、債務整理を選択した人々の体験談を通じて、実際のところどのような結果が待っているのかを具体的に見ていきましょう。

借金を踏み倒すとは?

借金を踏み倒すとは、借りたお金を返済せずに放置する行為を指します。

しかし、この行為には重大なリスクが伴います。

借金を踏み倒すと、信用情報機関に登録され、クレジットカードの利用や住宅ローンの契約が困難になる可能性があります。
また、法的な問題に発展する可能性もあります。

  • 信用情報の悪化
    借金を踏み倒すと、信用情報機関に登録され、新たな借入やクレジットカードの利用、住宅ローンの契約などが困難になる可能性があります。
  • 法的な問題
    借金を踏み倒すと、債権者から訴訟を起こされる可能性があります。また、詐欺罪に問われることもあります。
  • 社会的な信用の失う
    借金を踏み倒すと、社会的な信用を失う可能性があります。
    これは、新たな仕事や住宅の契約などに影響を及ぼすことがあります。
  • 精神的な負担
    借金を踏み倒すと、債権者からの取り立てや法的な問題に対する不安から、精神的な負担が大きくなる可能性があります。

借金 踏み倒す

借金踏み倒しの条件

借金を踏み倒すためには、一定の条件が必要です。

たとえば、消滅時効が成立している場合などです。
しかし、消滅時効の成立は一定の条件を満たす必要があります。

消滅時効の成立
消滅時効が成立している場合、借金を踏み倒すことが可能です。
消滅時効は、一定の期間(返済期限から5年が経過)、借金の返済を求められなかった場合に、債務が消滅する法的な制度です。
債権者からの追求がない
債権者から追求がない場合、借金を踏み倒すことが可能です。
しかし、債権者が追求を始めると、借金を踏み倒すことは難しくなります。

債務整理の選択肢

債務整理は、借金問題を解決するための一つの手段です。
弁護士や司法書士と相談し、返済計画を立てることが可能です。

  • 任意整理
    任意整理は、債権者と直接交渉して返済条件を見直す方法です。返済額の減額や利息のカットなどが可能です。
  • 自己破産
    自己破産は、全ての借金を免除する方法です。しかし、自己破産を選択すると、信用情報機関に登録されるため、新たな借入が困難になります。
  • 個人再生
    個人再生は、裁判所を通じて返済計画を立て、借金を減額する方法です。生活を維持しながら借金を返済することが可能です。

借金相談”おすすめ弁護士事務所・司法書士事務所:全国対応

消滅時効を待って借金を踏み倒すのはリスクでしかありません。

  • 毎月の返済が難しい
  • いくら支払っても返済の目途が立たない
  • 催促の電話を止めたい、債務整理を考えている

借金問題は1人で悩んでいても解決はしません。
そのため、借金問題専門の弁護士・司法書士が法的に解決が必要です。

借金問題を解決するための重要な手続きは、自身で手続きを進めるのは難しい場合があります。

借金返済の相談、債務整理に精通した専門家や法律事務所に適切なアドバイスやサポートを提供してもらうことをおすすめします。

司法書士 東京総合法務事務所

借金 踏み倒す 方法
過払い金を無料で調査
匿名OK、相談無料

代表司法書士西村 茂二郎
東京司法書士会所属 第5765号
簡裁訴訟代理認定番号 第101084号
公式サイト司法書士 東京総合法務事務所公式サイトへ

アース法律事務所

借金 踏み倒すとは
元裁判官の弁護士が借金問題を解決
全国どこでも対応可能/初回相談無料/実績3,500件超

代表者名河東宗文
所在地東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
最寄駅
公式サイトアース法律事務所公式サイトへ

アストレックス司法書士事務所

借金を踏み倒す
着手金無料・過払い金調査無料・減額報酬なし

代表司法書士川﨑 純一
大阪司法書士会 第4687号
簡裁訴訟代理等認定番号 第712032号
費用(目安)
  • 相談料 0円
  • 1件 22,000円(税込)〜
公式サイトアストレックス司法書士事務所公式サイトへ

アヴァンス法務事務所

借金 踏み倒す人

アヴァンス法務事務所は司法書士法人 アヴァンス・リーガルサービス・グループの司法書士事務所です。
減額報酬・初期費用0円 相談無料・全国対応 年中無休
アヴァンスは2007年の設立以来、23万件以上の相談実績を誇ります。

代表司法書士姜 正幸
大阪司法書士会所属 第4065号
簡易訴訟代理等関係業務認定番号 第312005号
費用(目安)
  • 相談料 0円
  • 着手金(1社あたり)11,000円~(税込)
  • 解決報奨金(1社あたり)11,000円(税込)
  • 減額報酬 減額または免除できた金額の11%(税込)
公式サイトアヴァンス法務事務所公式サイトへ

司法書士法人ホワイトリーガル

借金は踏み倒せる
全国対応で相談料、着手金はゼロ円でOK
24年間で26,200件以上の解決実績

代表司法書士樋口 洋二
簡易裁判所代理権:第101090号
東京司法書士会所属:登録番号第8857号
公式サイト司法書士法人ホワイトリーガル公式サイトへ

ウイズユー司法書士事務所

踏み倒す 借金

相談無料・全国対応・24時間365日対応
20.000件以上の相談実績

代表司法書士奥野正智
大阪司法書士会 第2667号
簡裁認定番号 第312416号
費用(目安)
  • 相談料 0円
  • 闇金業者1社5万5000円〜(税込)
公式サイトウイズユー司法書士事務所公式サイトへ

司法書士法人ライタス綜合事務所

借金の踏み倒し
24時間365日無料相談・最短当日対応

代表司法書士伊藤 威
神奈川県司法書士会 登録番号1203
簡裁訴訟等代理認定番号601412号
公式サイト司法書士法人ライタス綜合事務所公式サイトへ

司法書士法人杉山事務所

借金 踏み倒す 事項
重債務や巨額債務等お金のトラブルを解決
相談無料・全国対応 年中無休

代表司法書士杉山一穂
登録番号:大阪3897号
認定番号:512093号
支店東京都新宿区、愛知県名古屋市、福岡県福岡市、広島県広島市、岡山県岡山市、宮城県仙台市、北海道札幌市
公式サイト司法書士法人杉山事務所公式サイトへ

《借金踏み倒しの方法》
借金を踏み倒す方法は、消滅時効の援用や自己破産などがあります。
しかし、これらの方法を選択する前に、専門家と相談することをおすすめします。

  • 消滅時効の援用
    消滅時効が成立している場合、借金を踏み倒すことが可能です。
    消滅時効の援用を行うことで、債権者からの追求を防ぐことができます。
  • 自己破産
    自己破産を申し立てることで、全ての借金を免除することができます。
    しかし、自己破産を選択すると、信用情報機関に登録され、新たな借入が困難になる可能性があります。

債務整理:借金踏み倒しの現実

借金を踏み倒すと、以下のような現実に直面する可能性があります。

信用情報の悪化
債務整理で借金を踏み倒すと、信用情報機関に登録されます。
これにより、新たな借入やクレジットカードの利用、住宅ローンの契約などが困難になる可能性があります。
また、信用情報機関に登録されると、一定期間(通常は5年以上)その情報が残ります。その間、信用情報が悪化していると、生活に必要なサービスの利用が制限される可能性があります。
法的な問題
債務整理を行うと、債権者から訴訟を起こされる可能性があります。裁判所から支払い命令が出された場合、強制執行の対象となり、財産が差し押さえられることもあります。また、借金を踏み倒す行為が詐欺罪とみなされることもあります。
社会的な信用の失う
債務整理を完了すると、社会的な信用を失う可能性があります。これは、新たな仕事や住宅の契約などに影響を及ぼすことがあります。また、家族や友人との関係にも影響を及ぼす可能性があります。
精神的な負担
債権者からの取り立てや法的な問題に対する不安から、精神的な負担が大きくなる可能性があります。
これは、日常生活に影響を及ぼし、健康状態を悪化させる可能性もあります。

借金を踏み倒すメリット・デメリット

《借金を踏み倒すメリット》

一時的な返済義務の解放
借金を踏み倒すことで、返済の義務から一時的に解放されることができます。これは、返済の義務が一時的に中断されることを意味します。具体的には、以下のような効果が考えられます。

  • 返済の猶予:借金を踏み倒すことで、返済の期日が延びる、または一時的に返済を行わなくてもよくなることがあります。これにより、短期的な資金繰りの改善や、他の緊急な支払いに充てることができる場合があります。
  • 返済の圧縮:一部の債権者は、返済額を一時的に減少させることで、債務者の返済能力を維持しようとすることがあります。これにより、返済の負担が軽減される場合があります。
精神的な安堵
借金の返済が困難な状況にあると、多くの人々は精神的なプレッシャーやストレスを感じることが一般的です。具体的には、以下のような状況が考えられます。

  • 返済のプレッシャーからの解放:返済の義務から一時的に解放されることで、そのプレッシャーから解放されることが期待されます。これにより、日常生活の質が向上することがあります。
  • 将来への不安の軽減:返済が困難な状況にあると、将来の生活や家族への影響を懸念することが一般的です。一時的な返済義務の解放により、このような不安が軽減されることが期待されます。
取り立てからの一時的な解放
債権者からの取り立ては、債務者にとって大きな精神的な負担となることが多いです。具体的には、以下のような状況が考えられます。

  • 取り立ての中断:借金を踏み倒すことで、債権者からの取り立て行為が一時的に中断されることがあります。これにより、日常生活におけるストレスやプレッシャーが軽減されることが期待されます。
  • 取り立ての頻度や方法の変更:一部の債権者は、債務者の返済意欲を維持するために、取り立ての方法や頻度を変更することがあります。これにより、債務者の生活への影響が軽減されることが期待されます。

《借金を踏み倒すデメリット》

信用情報の悪化
信用情報機関は、個人の金融取引の履歴や信用状態を管理・提供する組織です。以下のような影響が考えられます。

  • 信用情報の登録:借金を踏み倒すと、その情報が信用情報機関に登録される可能性が高まります。
  • 新規の金融取引の制限:信用情報が悪化すると、新たなローンやクレジットカードの申し込みが困難になることがあります。特に、大手の金融機関での取引が難しくなることが一般的です。
  • 既存の取引の影響:信用情報の悪化は、既存のクレジットカードの利用停止や、ローンの追加融資の制限など、既存の金融取引にも影響を及ぼす可能性があります。
法的な問題
借金を踏み倒すと、以下のような法的な問題が生じる可能性があります。

  • 訴訟のリスク:債権者は、債務者に対して返済を求めるための訴訟を起こすことができます。裁判所からの支払い命令が出されると、強制的な差し押さえなどの措置が取られることがあります。
  • 詐欺罪の疑い:借金をする際の約束や契約を守らない場合、詐欺罪として刑事責任を問われるリスクも考えられます。
社会的な信用の失う
借金を踏み倒すことで、社会的な信用や評価が低下する可能性があります。

  • 人間関係の影響:家族や友人、職場の同僚など、身近な人々との関係に影響が出ることが考えられます。特に、連帯保証人や保証人がいる場合、その人々に迷惑がかかる可能性があります。
  • 新しい仕事や住宅の契約:信用情報の悪化や社会的な評価の低下は、新しい仕事の就職や住宅の契約など、さまざまな場面での不利益を招く可能性があります。
長期的な経済的負担
借金を踏み倒しても、以下のような長期的な経済的な負担が考えられます。

  • 利息の複利化:返済が遅れることで、利息が複利で積み重なることがあります。これにより、元の借金よりも大きな金額を返済することになる可能性があります。
  • 追加の費用:遅延損害金や取り立ての費用、裁判費用など、追加の費用が発生することが考えられます。
精神的な負担の増加
借金を踏み倒すことで、以下のような精神的な負担が増加する可能性があります。

  • 債権者からの取り立てや法的な問題:債権者からの取り立てや法的な問題に対する不安やプレッシャーが増加することが考えられます。
  • 社会的な評価の低下:周囲の人々からの評価や信用の低下による精神的なストレスやプレッシャーが増加することが考えられます。
 

借金踏み倒しの対策

  1. 専門家との相談
    借金問題に対する最初の一歩は、専門家との相談です。弁護士や司法書士は、借金問題に対する専門的な知識と経験を持っています。
  2. 債務整理の検討
    債務整理は、借金問題を解決するための有効な手段です。任意整理や自己破産、個人再生など、自身の状況に合った方法を選択することが重要です。
  3. 金融機関との交渉
    金融機関と直接交渉することで、返済条件の見直しや返済計画の立て直しを求めることが可能です。
  4. 生活習慣の見直し
    借金問題を解決するためには、生活習慣の見直しも重要です。無駄な出費を削減し、返済に充てる金額を増やすことが重要です。

借金を踏み倒すためのポイント
借金を踏み倒すことは、多くの人にとって大きな悩みの一つです。以下に、借金を返済し、踏み倒すためのポイントをいくつかご紹介します。

1. 借金の種類を理解する
借金は、信用カードや消費者金融などさまざまな形式があります。それぞれの借金の条件や利息が異なるため、返済戦略に役立ちます。
2. 返済額を設定する
借金の返済額を設定し、月々の支出計画に組み込むことで、借金返済に努力できます。
3. 収入を増やす
アルバイトや副業を通じて収入を増やすことで、借金返済が可能になります。
4. 節約する
生活費を節約することで、借金返済に充てられる資金が増えます。無駄遣いを減らし、必要なものだけを購入するよう心がけましょう。
5. 借金の再編を検討する
金利が高い借金を低金利の借金に変更することで、返済額を減らすことができます。借金の再編を検討し、金利を比較して選ぶことが重要です。
6. 専門家に相談する
借金が山積みの場合、専門家に相談することで、適切な返済方法や対処法を提案してもらえます。
借金を踏み倒すためには、まず借金の状況を把握し、適切な返済方法を選ぶことが重要です。上記のポイントを参考に、自分に合った借金返済戦略を立てましょう。

借金を踏み倒す方の口コミ・体験談

借金を踏み倒しについて、一番気になるのは、体験談・口コミだと思います。

クチコミサイト、SNS:TwitterやInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などを確認し、良い体験談・悪い口コミなどを探しました。

借金を踏み倒す 事項

私は以前、自己破産を考えていました。しかし、弁護士と相談した結果、任意整理を選択しました。任意整理を通じて、返済額を大幅に減らすことができ、生活が楽になりました。債務整理を選択して本当に良かったと思います。

借金踏み倒し 成功

私はクレジットカードの借金で悩んでいました。返済が難しくなり、借金を踏み倒すことを考えましたが、友人から債務整理を勧められました。債務整理を行った結果、返済計画を立て直すことができ、今は安心して生活しています。

クレジット カード 踏み倒し 時効

私は事業に失敗し、大量の借金を抱えました。返済が困難になり、自己破産を選択しました。自己破産後は新たなスタートを切ることができ、今は新しい仕事に就いています。債務整理は、私にとって新たな人生の始まりでした。

よくある質問・Q&A

借金を踏み倒すとどうなる?

借金を踏み倒すと、信用情報機関に登録され、新たな借入が困難になる可能性があります。また、債権者からの取り立てや訴訟のリスクもあります。

借金を踏み倒す方法は?

借金を踏み倒す方法としては、消滅時効の援用や自己破産などがあります。しかし、これらの方法を選択する前に、専門家と相談することをおすすめします。

借金を踏み倒すリスクは?

借金を踏み倒すリスクとしては、信用情報機関への登録、債権者からの取り立て、法的な問題、社会的な信用の失うなどがあります。

借金を踏み倒す代わりの方法は?

借金を踏み倒す代わりの方法としては、債務整理、任意整理、自己破産、個人再生などがあります。自身の状況に合った方法を選択することが重要です。

借金 踏み倒す:まとめ

借金を踏み倒すことは、一時的には返済義務から逃れることができますが、長期的に見ると多くのリスクを伴います。

信用情報の悪化、法的な問題、社会的な信用の失う、精神的な負担など、借金を踏み倒すことのリスクは大きいです。

そのため、借金問題に直面した場合は、専門家と相談し、適切な対策を講じることが重要です。債務整理、任意整理、自己破産、個人再生など、自身の状況に合った方法を選択することが重要です。

また、生活習慣の見直しや金融機関との交渉も有効な手段です。

借金問題は一人で抱え込まず、適切な支援を受けて解決に向けて進んでください。