リボ払いでも債務整理はできるの?ヤバイ!と言われるリボ払いの債務整理、メリット・デメリット

《PR》
リボ払いでも債務整理はできるの?ヤバイ!と言われるリボ払いの債務整理、メリット・デメリット リボ払い 債務整理
あなたの借金がいくら減らせるか?

完全無料匿名OK

>>借金シミュレーターはコチラ

リボ払い 債務整理

借金という言葉は、多くの人にとって重いイメージを持つかもしれません。

特に、クレジットカードのリボ払いを利用している場合、
その便利さからついつい使いすぎてしまい、気がつけば大きな借金を抱えてしまうという事態に陥ることも少なくありません。

一方で、借金が返済できなくなったときに利用できるのが「債務整理」です。

債務整理は、法的な手続きを通じて借金を減額または免除する方法で、借金問題を解決するための一つの手段となります。

しかし、リボ払いと債務整理は、一見すると関連性が薄いように思えるかもしれません。

しかし実際には、これらは密接に関連しています。

リボ払いが適切に管理されないと、借金が増え続け、結果的に債務整理を必要とする状況に陥る可能性があるからです。

この記事では、リボ払いと債務整理の関係性を詳しく解説します。

また、それぞれのメリットとデメリット、そして適切な利用方法についても詳しく説明します。

リボ払いとは何か?

リボ払いは、クレジットカードの支払い方法の一つで、毎月一定額を支払うことで、購入した商品やサービスの代金を分割して返済する方法です。

《リボ払いのメリットとデメリット》

メリット

  • 予算管理が容易
    リボ払いは毎月の支払い額が一定なので、予算管理がしやすいです。
    大きな出費を小分けにして支払うことができるため、一時的な出費による負担を軽減することができます。
  • 購入時の負担が少ない
    リボ払いを利用すると、商品やサービスの全額を一度に支払う必要がなくなります。
    これにより、高額な商品を購入する際の負担を軽減することができます。

*クレジットカード会社によっては、リボ払いの金利が低い場合もあります。
そのため、金利が低いカードを選ぶことで、利息負担を抑えることが可能です。

リボ払い 債務整理

デメリット

  • 利息が発生する
    リボ払いは分割払いの一種であり、利息が発生します。
    そのため、長期間にわたってリボ払いを利用すると、利息の総額が大きくなる可能性があります。
  • 返済期間が長くなる
    リボ払いは毎月の返済額が少ないため、全額返済するまでの期間が長くなる可能性があります。
    その結果、利息の総額が増える可能性があります。
  • 借金を抱えるリスク
    リボ払いは便利な一方で、管理を怠ると借金を抱えるリスクがあります。
    毎月の返済が遅れると遅延損害金が発生し、さらに借金が増える可能性があります。
【分割払いとリボ払いの違い】

分割払いとリボ払いは、どちらもクレジットカードの支払い方法の一つですが、その運用方法と特性には大きな違いがあります。

分割払い

  • 分割払いは、購入した商品やサービスの代金を一定の期間に分けて返済する方法です。
  • 分割回数や返済額は購入時に決定し、その後は変更することは基本的にできません。
  • 分割払いの利息は、購入時に決定した分割回数によって決まります。

リボ払いは、毎月一定の額を支払うことで、購入した商品やサービスの代金を分割して返済する方法であるため、返済までの期限が長く、その分、手数料を多く取られます。

リボ払いがヤバイと言われる理由はココになります。

  1. クレジットカードで商品を購入する
  2. リボ払いで毎月一定額、支払いが行われる

毎月、特定の口座から引き落としがされていることで、順調に返済していると勘違いしていしまいます。

【YOutubeから引用】

リボ払いの残高が膨らみ、181万円を越える借金になってしまった女性。
毎月22000円程度の返済を毎月行った場合、借金が完済するのは・・・・・2038年www

リボ払いは、毎月の引落額の裏で雪だるま式に借金が膨らんでいる側面があります。

【リボ払いの注意点】

利息と手数料を確認する
リボ払いを利用する前に、利息や手数料を確認しましょう。これらの費用が高いと、返済総額が大きくなります。
返済計画を立てる
リボ払いを利用する際には、返済計画を立てることが重要です。毎月の返済額と返済期間を考慮に入れ、自分の収入に合った計画を立てましょう。
適切な利用
リボ払いは便利な支払い方法ですが、それが借金につながる可能性もあります。必要なものだけを購入し、無理な買い物を避けることが重要です。
支払いを忘れない
リボ払いの支払いを忘れると、遅延損害金が発生します。支払い日を忘れないようにしましょう。

リボ払いと債務整理の関係

リボ払いは便利な支払い方法ですが、管理を怠ると大きな借金につながる可能性があります。

そのため、リボ払いも債務整理の対象になることがあります。

【リボ払いの債務整理の方法】
リボ払いの債務整理は、自己破産、任意整理、個人再生など、さまざまな方法があります。
適切な方法は、個々の状況によります。

  • 自己破産
    自己破産は、返済不能な状態にある借金全てを免除する手続きです。しかし、自己破産を行うと、破産宣告が信用情報機関に登録され、一定期間(通常は5年)新たな借入れが困難になります。また、自己破産を行うと、所有している財産の大部分が売却されてしまう可能性があります。
  • 任意整理
    任意整理は、債務者と債権者が話し合いを行い、返済計画を再編成する手続きです。任意整理を行うと、返済額や返済期間、利息などを見直すことができます。任意整理は、債務全体を見直すことができるため、リボ払いだけでなく、他の借入れも一緒に整理することが可能です。
  • 個人再生
    個人再生は、裁判所を通じて行う債務整理の手続きで、主に自宅などの資産を保持したまま、返済計画を立て直すことを目指します。個人再生を行うと、返済額を大幅に減らすことが可能です。しかし、個人再生を行うためには、一定の収入が必要であり、手続きが複雑で時間がかかるというデメリットがあります。

リボ払いの債務整理を行うと、クレジットカードの利用が制限される可能性があります。
また、信用情報に記録が残るため、新たな借入れが困難になることもあります。

リボ払いの債務整理におすすめ弁護士事務所・司法書士事務所:全国対応

債務整理は借金問題を解決するための重要な手続きですが、自身で手続きを進めるのは難しい場合があります。

リボ払いの債務整理に精通した専門家や法律事務所が存在し、適切なアドバイスやサポートを提供してくれます。

司法書士 東京総合法務事務所

リボ払い 債務整理 デメリット
過払い金を無料で調査
匿名OK、相談無料

代表司法書士 西村 茂二郎
東京司法書士会所属 第5765号
簡裁訴訟代理認定番号 第101084号
公式サイト 司法書士 東京総合法務事務所公式サイトへ

アース法律事務所

リボ払い 債務整理 体験談
元裁判官の弁護士が借金問題を解決
全国どこでも対応可能/初回相談無料/実績3,500件超

代表者名 河東宗文
所在地 東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
最寄駅
公式サイト アース法律事務所公式サイトへ

アストレックス司法書士事務所

債務整理 リボ払い
着手金無料・過払い金調査無料・減額報酬なし

代表司法書士 川﨑 純一
大阪司法書士会 第4687号
簡裁訴訟代理等認定番号 第712032号
費用(目安)
  • 相談料 0円
  • 1件 22,000円(税込)〜
公式サイト アストレックス司法書士事務所公式サイトへ

アヴァンス法務事務所

ショッピングリボ 債務整理

アヴァンス法務事務所は司法書士法人 アヴァンス・リーガルサービス・グループの司法書士事務所です。
減額報酬・初期費用0円 相談無料・全国対応 年中無休
アヴァンスは2007年の設立以来、23万件以上の相談実績を誇ります。

代表司法書士 姜 正幸
大阪司法書士会所属 第4065号
簡易訴訟代理等関係業務認定番号 第312005号
費用(目安)
  • 相談料 0円
  • 着手金(1社あたり)11,000円~(税込)
  • 解決報奨金(1社あたり)11,000円(税込)
  • 減額報酬 減額または免除できた金額の11%(税込)
公式サイト アヴァンス法務事務所公式サイトへ

参考ページ:リボ払い・返済のコツ

司法書士法人ホワイトリーガル

リボ払いは借金なのか
全国対応で相談料、着手金はゼロ円でOK
24年間で26,200件以上の解決実績

代表司法書士 樋口 洋二
簡易裁判所代理権:第101090号
東京司法書士会所属:登録番号第8857号
公式サイト 司法書士法人ホワイトリーガル公式サイトへ

ウイズユー司法書士事務所

リボ払い 債務整理 費用

相談無料・全国対応・24時間365日対応
20.000件以上の相談実績

代表司法書士 奥野正智
大阪司法書士会 第2667号
簡裁認定番号 第312416号
費用(目安)
  • 相談料 0円
  • 闇金業者1社5万5000円〜(税込)
公式サイト ウイズユー司法書士事務所公式サイトへ

司法書士法人ライタス綜合事務所

リボ払い 任意整理 ブラックリスト
24時間365日無料相談・最短当日対応

代表司法書士 伊藤 威
神奈川県司法書士会 登録番号1203
簡裁訴訟等代理認定番号601412号
公式サイト 司法書士法人ライタス綜合事務所公式サイトへ

司法書士法人杉山事務所

リボ払い 債務整理とは
重債務や巨額債務等お金のトラブルを解決
相談無料・全国対応 年中無休

代表司法書士 杉山一穂
登録番号:大阪3897号
認定番号:512093号
支店 東京都新宿区、愛知県名古屋市、福岡県福岡市、広島県広島市、岡山県岡山市、宮城県仙台市、北海道札幌市
公式サイト 司法書士法人杉山事務所公式サイトへ
 
リボ払いと債務整理についての豆知識的な日記
リボ払いは、物品やサービスを購入した際に一部の代金を支払い、残りの金額を分割して後から支払うことができるようにする取引です。これにより、大きな金額を一度に支払わずに購入できます。一方、債務整理は、借り入れや借金返済に関する問題を解決するための手段です。以下に、リボ払いと債務整理に関連する要素をいくつか紹介します。

リボ払いの特徴
分割支払: リボ払いは、購入金額を分割して支払うことができるため、一度に大きな金額を支払う必要がありません。
ETCカードやデビットカード: リボ払いは、ETCカードやデビットカードを使って行うことができます。これにより、支払いが容易になります。
審査: リボ払いを利用する前に、金融機関が借り手の信用状況をチェックする審査が行われます。
債務整理の特徴
借金返済: 債務整理は、借り入れや借金返済に関する問題を解決するための手段です。
金融機関との交渉: 債務整理には、金融機関との交渉が含まれます。これにより、返済条件や支払い方法を見直すことができます。
借入先との協力: 債務整理を進めるためには、借入先との協力が重要です。借入先が債務整理に同意することで、返済がスムーズに進むことが期待されます。
リボ払いと債務整理は、それぞれ異なる目的で利用されますが、どちらも金融面での問題解決に役立ちます。リボ払いは、購入時に大きな金額を支払わずに物品やサービスを得ることができます。一方、債務整理は、借り入れや借金返済に関する問題を解決するための手段です。これらの取引を正しく理解し、活用することで、金融面での安心感を向上させることができます。

リボ払いの債務整理のメリット・デメリット

リボ払いの債務整理には以下のようなメリットがあります。
【メリット】

  • 返済額の軽減
    債務整理を行うと、リボ払いの返済額を減らすことが可能です。これにより、毎月の返済負担を軽減することができます。
  • 利息の停止
    債務整理を行うと、リボ払いの利息が停止します。これにより、利息による返済額の増加を防ぐことができます。
  • 返済計画の再編成
    債務整理を行うと、リボ払いの返済計画を再編成することができます。これにより、自分の生活状況に合った返済計画を立てることができます。
  • 精神的な安定
    債務整理を行うと、借金問題による精神的なストレスを軽減することができます。これにより、日々の生活を安定させることができます。

【デメリット】
リボ払いの債務整理には以下のようなデメリットがあります。

  • 信用情報への影響
    債務整理を行うと、その事実が信用情報機関に登録されます。これにより、一定期間(通常は5年から7年)新たな借入れやクレジットカードの発行が困難になることがあります。
  • 手続きの複雑さ
    債務整理の手続きは複雑であり、専門的な知識が必要です。そのため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することが一般的ですが、その費用も考慮する必要があります。
  • 公的な手続きの場合の財産の影響
    自己破産や個人再生のような公的な手続きを選択した場合、所有している財産に影響が出る可能性があります。自己破産の場合、基本的には全ての財産が売却されてしまいます。個人再生の場合でも、一部の財産を売却する必要が出てくることがあります。

リボ払いと債務整理の対策

  • リボ払いの適切な利用方法
    リボ払いを利用する際は、返済計画をしっかりと立て、利息や手数料を考慮に入れることが重要です。
  • 債務整理を避けるための方法
    債務整理を避けるためには、日々の生活での借金管理に注意を払い、無理な借入れを避けることが大切です。
  • 専門家の意見を求める
    借金問題に直面した場合、専門家の意見を求めることをおすすめします。
  • 資金管理の重要性
    借金問題を避けるためには、資金管理の重要性を理解し、収入と支出のバランスを保つことが重要です。

リボ払いの債務整理の口コミ・体験談

リボ払いの債務整理について、
実際に活用した人の体験談(良い口コミ・悪い口コミ・騙された等)が気になると思います。

ツィッターやインスタグラム、フェイスブック、公式サイトに体験談・口コミが掲載されていたので紹介します。

ショッピングのリボ払い 債務整理

クレジットカードのリボ払いを頻繁に利用していました。
しかし、リボ払いの利息が積み重なり、気づけば大きな借金を抱えてしまいました。
自身の返済能力を見誤り、リボ払いの利息を適切に考慮していなかったのです。
結果的に、債務整理を行うことを決意し、専門家の助けを借りて任意整理を行いました。
これにより、返済額を減らすことができ、経済的な負担を軽減することができました。

リボ払いの債務整理の口コミ

リボ払いを利用して高額な家電製品を購入しました。
しかし、仕事を失ってしまい、リボ払いの返済が困難になりました。
借金を返済するために新たな借金を作るという悪循環に陥ってしまいました。
結果的に自己破産を選択し、借金を全て免除しました。
しかし、その代償として、信用情報に破産の記録が残り、一定期間新たな借入れが困難になりました。

リボ払い 債務整理 おすすめ弁護士

リボ払いを利用していましたが、毎月の返済額をしっかりと管理していました。
しかし、突然の病気で大きな医療費が発生し、リボ払いの返済が困難になりました。
早期に専門家に相談し、個人再生を選択しました。
これにより、返済計画を再編成し、自宅を保持したまま借金問題を解決することができました。

よくある質問・Q&A

債務整理とは何か?

債務整理とは、借金が返済できなくなった場合に、法的な手続きを通じて借金を減額または免除することを指します。

リボ払いはどのように利息が発生するのか?

リボ払いの利息は、未払い残高に対して発生します。そのため、毎月の返済額が少ない場合、利息が大きくなる可能性があります。

債務整理を行うとクレジットカードは使えなくなるのか?

債務整理を行うと、多くの場合、クレジットカードの利用が制限されます。しかし、債務整理後に新たにクレジットカードを作ることは可能です。

リボ払いの債務整理後、再びリボ払いは利用できるのか?

債務整理後、一定期間が経過すれば、再びリボ払いを利用することは可能です。しかし、その際には過去の経験を生かし、リボ払いを適切に利用することが重要です。

債務整理の種類とそれぞれの特徴は?

債務整理には、自己破産、任意整理、個人再生などの方法があります。それぞれには特徴と適用条件があり、個々の状況により適切な方法が異なります。

リボ払い 債務整理:まとめ

リボ払いと債務整理は、それぞれが持つメリットとデメリットを理解し、適切に利用することが重要です。

また、借金問題に直面した場合には、専門家の意見を求めることをおすすめします。

この記事が、あなたの賢い選択の一助となれば幸いです。

参考公式サイト
リボ払いの特徴と利用上の注意・日本クレジット協会
リボ払いは便利でお得?:JCCO 日本クレジットカウンセリング協会