【法人向け】ファクタリングで資金調達:お金を借りるならファクタリングがおすすめ!売掛債権、買取サイトを紹介します

≪PR≫
【法人向け】資金調達・お金を借りるならファクタリングがおすすめ!売掛債権、買取サイトを紹介しますファクタリング

ファクタリング 資金調達

お金を借りる場合、いろいろな方法があります。

  • 親にお金を借りる
  • 友達にお金を借りる
  • キャッシング・カードローンでお金を借りる
  • 不動産を担保にお金を借りる

闇金なども含めていろいろなお金の借り方があります。

個人の場合・法人の場合でもお金の借り方・融資の受け方が借ります。

  • ファクタリングということを聞いたことがありますか?
  • ファクタリングで資金調達をしたことのある人いますか?

今回は、法人向け・個人向けにファクタリングで資金調達をするメリット・デメリットを紹介します。

資金調達におすすめなファクタリングとは?

ファクタリングを簡単に説明すると売掛債権を買い取ってもらうことで現金化するサービスです。

売掛債権と言えば、基本的に請求書になります。

請求書に限らず注文書なども含み、本来、請求書を取引先に送れば支払いサイトのタイミングに入金が行われます。

ただ、入金確認までは月末〆の翌日25日払い、翌々月の25日払いなど、入金までのタイミングに1か月・2カ月かかります。

資金調達におすすめなファクタリングと言われる理由は、事前に現金化できるところです。

建築業などは、注文書の交付、仕事を受注した後、資材の調達・仕入れで多額の費用が発生します。

1000万円の仕事を受注しても、資材費にかかる200万円のキャッシュがなければ仕入れができません。

ファクタリングは、そのキャッシュフローをスムーズにさせるために、
注文書をファクタリング会社が買い取る形で、資金繰りをスムーズにする資金調達システムです。

メリット・デメリット

売掛債権を買い取ってもらう形で、資金調達ができるファクタリングですから、

企業経営者をはじめ経理担当など、資金繰りとしてファクタリングを活用している会社も少なくありません。

10万円のお金を借りるということであれば、いろいろなお金の借り方はありますが、

500万円・1000万円と額が大きくなれば、融資方法も限定されます。

そこで、ファクタリングのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

融資に比べて簡単に資金調達ができる
銀行の融資の場合、

  • 審査時間が1か月程度かかる
  • 震災に必要な提出書類が多い

など、また、前提である安定した業績が審査ポイントとなります。

ファクタリングは、
請求書1枚で審査が可能、最短即日で資金調達が可能なので大幅な時間短縮になります。

担保は不要
不動産を担保にお金を借りるなど融資を受ける場合、保証人や担保が必要なります。

ファクタリングサービスはあくまでも売掛金の売買になるので担保や保証人は必要ありません。

貸借対照表のスリム化で金融機関の信用情報に影響なし
ファクタリングの取引は借入金になりません。

そのため、会計処理上、負債の部に記載する必要はありません。

デメリット

資金繰り悪化にも最適なファクタリングですが、デメリットもあります。

手数料
ファクタリングは、請求書をただ単に買い取ってくれるわけではありません。

そこに手数料が発生します。

ファクタリング会社が独自審査のもとに手数料を設定しますが、低ければ1%、高ければ10%、20%になることもあります。

さらに、悪徳会社も存在するため、誤ったファクタリング会社選定をしてしまうと30%などの手数料を取られることさえあります。

取引先との関係悪化

ファクタリングは、
本来、支払いサイトに合わせて入金される売掛債権です。

その請求書等をファクタリングに買い取ってもらうことで即現金化が可能なのですが、

ファクタリングのシステムには
2社間ファクタリング・3社間ファクタリングがあり、この選択によっては取引先との関係悪化を招く場合もあります

  • 2者間ファクタリングは、ファクタリング利用者とファクタリング会社の間で取引が行われるものです
  • 3者間ファクタリングは、ファクタリング利用者とファクタリング会社に併せて取引先を交えた3社間で取引が行われます。

3社間ファクタリングは、取引先の確認(売掛債権譲渡通知)を取り行われるものなので、
場合によっては、資金繰りの悪化・業績悪化を疑われる可能性もあります。

資金調達できないこともある
ファクタリングは、
赤字決算でも、債務超過でも、税金滞納でも、基本的に活用できるサービスです。

そのため、ファクタリングを利用して資金調達を行う企業も少なくありません。

ただ、資金調達できないこともあります。

そもそもファクタリングの審査は、売掛先企業(取引先)の業績や信用を見られます。

支払い能力がない会社の請求書を買い取るのはファクタリング会社のリスクでしかありません。

そのため、取引先の経営状況によっては、ファクタリングで資金調達がかなわないこともあります。

その他、悪徳業者が少なからず存在するデメリットなどもありますので、

ファクタリングで資金調達・資金繰りを改善する場合は、メリット・デメリットを把握した上で判断したいところです。

資金調達ならこのファクタリング会社

ファクタリング会社選びに関しては

  1. 手数料
  2. 審査日数
  3. 調達額

この3つを重視する必要があります。

  • 本来、時間が経てば満額、口座に入金される売り上げですから、手数料は極限、低くしたいものです。
  • 切羽詰まった資金繰りにファクタリングを活用するわけですから1日でも1時間でも早く現金化したいものです。
  • 1000万円、5000万円、希望の資金調達額にこたえてくれるファクタリング会社でなければなりません。

そこで、おすすめのファクタリング会社を何社かピックアップしてみました。

ファクタリングベスト

ファクタリングベストとは…
保有する売掛債権の買取り条件を複数のファクタリング会社から来るのを待つだけ(各ファクタリング会社から連絡が最速数分程度)。
最速即日で1番良いファクタリング会社を見つけることができ資金調達が可能です。

売掛金を一括査定【ファクタリングベスト】
>>ファクタリングベスト

関連ページ:ファクタリング一括見積もり査定

アクセルファクター

年間相談件数は3000件、買取申込額は290億円を超える実績

  • 手数料:2%から20%
  • 審査時間:最短即日入金
  • 利用可能額:30万円~1億円

>>アクティブサポート

アクティブサポート

会社にいながら 請求書一枚で楽々資金調達 お申し込みから最短30分にて無料見積

  • 手数料:2%から14.8%
  • 審査通過率:90%以上
  • 審査時間:最短即日
  • 利用可能額:300万円

>>アクティブサポート

BIZパートナー

24時間以内に資金調達・即日買取・金調達可能額10万円~1億円・他社で断られても弊社独自の審査基準でOK・審査通過率98%以上!

  • 審査通過率:98.7
  • 審査時間:最短即日
  • 利用可能額:10万円〜1億円

>>BIZパートナー

ベストファクター

資金調達のプロが状況に応じて最適なプランを作成し事業資金の調達から、経営のご相談まで

  • 手数料:2%~
  • 審査通過率:92.2%
  • 審査時間:最短即日
  • 利用可能額:30万円~1億万円

>>ベストファクター

えんナビ

会社にいながら 請求書一枚で楽々資金調達 お申し込みから最短30分にて無料見積

  • 手数料:5%~
  • 審査時間:最短即日
  • 利用可能額:50万円~5000万円

>>えんナビ

ファクタリングを活用した人の口コミ

ファクタリング 資金調達

事業資金が底をついてしまったため早急な資金繰りが必要でした。
赤字が続いていた為、銀行やノンバンクには全く相手にされず、このままでは店を畳むしかないという状況に。
そんな時、知人からファクタリングはどうか、という提案があったため、自分なりに調べてみたところ「赤字でもOK」「債務超過でも問題なし」と、正に今の状況にピッタリの資金調達方法である事を知りました。
掲示板や口コミを見たところ、えんナビ様が非常に高評価だったので、思い切って申し込みをしてみる事に。
すぐにスタッフの方からご連絡が入り、申込内容の確認と不明点の説明をして下さり、安心して取引をすすめる事ができ、さらに、その翌々日には希望額を入金して頂けました。
あまりの速さに驚きを隠せません。おかげ様で、なんとかお店を立て直す事に成功し、現在は安定した経営を行っております。
あの時は手を差し伸べてくださり、本当にありがとうございました
えんナビより

早期に資金調達できるファクタリング

急な入金ずれで社員への給料支払いが難しくなってしまい、資金調達の必要に迫られました。しかし一時的なことだったので負債になるような方法は避けたくて悩んでいたところ、ベストファクターさんに出会い、無事に信用情報に傷をつけずに資金を調達できました!是非また利用したいです。
ベストファクターより

ファクタリングによる資金調達とは

営業活動が実を結び、やっとの思いで百貨店との新規契約を結ぶ事ができたのですが、商品作成を行ってもらっている取引会社より、支払いが遅れていた材料費の一括払いか、新たな注文に対する材料費を全額前払いしない限り新しい商品は納品できないと言われてしまいました。銀行への返済計画を変更(リスケジュール)していた為、追加融資は望めず途方に暮れていたところインターネットでファクタリングという事業資金の調達方法がある事を知り利用させて頂きました。
早急に資金調達をする必要があり焦っていたのですが、必要書類を用意し面談をして頂いた翌日に契約を結ぶ事ができ、たったの2日間で材料費を用意する事ができました。
非常に大切な新規契約だったので納品等に遅れが出ず本当に助かりました。
これからも他店舗との契約が増えそうなので、資金調達時はまたよろしくお願いします。
BIZパートナーより

ファクタリング会社の選び方

適切なファクタリング会社を選ぶことは、安心して資金調達を行うために非常に重要です。

下記のポイントを参考に、自社のニーズに最も合ったファクタリング会社を選択しましょう。

信頼性と実績
☆信頼性
ファクタリング会社が法律を遵守しているか、過去に不正行為の報告がないかを確認します。
☆実績
長年の経験や多くの取引実績がある会社を選ぶことが重要です。実績が豊富な会社は、取引の安定性や信頼性が高い傾向にあります。
条件の透明性
☆手数料や利率
手数料や利率が明確で理解しやすいかを確認します。隠れたコストがないかも重要なチェックポイントです。
☆契約条件
契約の細かい条件を理解し、不利な条項がないかを確認する必要があります。
対応の速さ
☆迅速な対応
資金調達のスピードはビジネスにおいて重要です。迅速に対応してくれる会社を選ぶことが望ましいです。
カスタマーサポート
☆サポート体制
問題が発生した際に迅速かつ適切なサポートを提供するかどうかも重要です。顧客サービスの質を確認しましょう。
取引の柔軟性
☆柔軟な取引条件
企業のニーズに合わせた柔軟な取引が可能かどうかを確認します。特に、取引規模や期間の柔軟性は重要です。
業界の専門知識
☆業界知識
あなたの業界に精通しているファクタリング会社を選ぶと、より効果的なサービスを受けることができます。
口コミや評判
☆評判の確認
他の企業の体験談や評判を調べることで、会社の実際のサービス品質を把握できます。

銀行融資の比較

ファクタリング

スピード

ファクタリングは通常、迅速な資金調達が可能です。数日以内に資金を得ることができる場合が多いです。

審査基準 売掛金の質が主な審査基準であり、企業の信用度よりも売掛先の信用度が重視されます。

返済の必要性 売掛金の買取によるため、従来の意味での返済義務はありません。

銀行融資

審査期間 銀行融資の審査には通常、数週間から数ヶ月かかることがあります。

審査基準 企業の財務状況、信用度、担保の有無などが審査の主な基準です。

返済義務 融資を受けた資金には返済義務が伴います。利息の支払いも必要です。

ベンチャーキャピタルの比較

ファクタリング
資金調達の目的
短期的なキャッシュフローの改善が主な目的です。
所有権の変更
企業の所有権に影響を与えません。
ベンチャーキャピタル
長期的な投資
ベンチャーキャピタルは、長期的な成長を目指す企業に対する投資です。
所有権の変更
投資と引き換えに、企業の一部の所有権をベンチャーキャピタルに譲渡する必要があります。
ファクタリングは、迅速な資金調達が可能で、返済義務が伴わない点が特徴です。
一方、銀行融資は安定した資金調達源ですが、審査が厳しく時間がかかることがあります。
ベンチャーキャピタルは、長期的な成長資金を提供しますが、企業の一部の所有権を譲渡する必要があります。
それぞれの資金調達方法は、企業の状況やニーズに応じて選択することが重要です。

よくある質問

Q: ファクタリングのメリットとデメリットは何ですか?

メリット:

  • 自社の業績が悪くても資金調達できる: 融資の場合、融資する側は融資対象の企業が返済できるだけの原資を確保できるかを確認する必要があります。しかし、ファクタリングは売掛債権の売却に基づいているため、主に売掛先企業の業績や信用が見られます。これは、自社の業績が悪くても、ファクタリングを通じて資金調達が可能であることを意味します。
  • 資金調達までに時間がかからない: 融資の場合、各種の資料を確認し、将来的に返済が可能かどうかを審査する必要があり、一般的には2週間から1ヶ月程度の時間がかかります。ファクタリングの場合、主に売掛債権に問題がないか、売掛先企業が期日に支払いができるかどうかを審査するため、ファクタリング会社によっては、迅速に資金調達が可能です。
  • 売掛先企業の倒産リスクの回避: ファクタリングは、取引先が倒産等しても受け取った対価を返金しなくても良いという特徴があります(表明保証義務違反等特殊な例を除きます)。これにより、ファクタリングを利用することで売掛債権の未回収リスクを回避することも可能です。

デメリット:

  • 手数料: ファクタリングの手数料は、融資などの資金調達法と比べて一般的に高くなっています。
  • 契約の内容によっては資金繰りの悪化を懸念される可能性がある: ファクタリングには2者間ファクタリングと3者間ファクタリングがあります。2者間ファクタリングの場合、ファクタリング利用者とファクタリング会社の間でだけ取引が行われるため、原則として売掛先企業に売掛債権が売却されたことが知られることはありません。一方、3者間ファクタリングの場合には、売掛先企業も交えて取引が行われます。売掛債権を売却するということは、資金繰りが悪いのではないかと疑われる可能性があり、これが取引先に知られると、その後の取引に悪影響を及ぼす可能性もあります。
  • 売掛先の業績次第で資金調達できないことがある: ファクタリングの審査は、主に売掛先企業の業績や信用を見られます。自社の業績を見られないというメリットがありますが、一方で、自社の業績が良くても、売掛先企業の状況が良くなければ資金調達できないことがある点に注意が必要です。
Q: ファクタリング契約はどれくらいの速さで成立しますか?

原則として、事業主様が全て理解し、必要な書類が全て揃っている場合、ファクタリング契約は即日で成立することが可能です。しかし、余裕を持った契約を推奨します。弊社は常に、コンプライアンスを重視し、一人でも多くのお客様に素早く資金提供ができるよう努めています。

ファクタリングと銀行融資の違いは何ですか?

ファクタリングは売掛債権の売却に基づく資金調達であり、銀行融資は借入れによる資金調達です。

ファクタリングの手数料はどのように決まるのですか?

売掛先の信用度、売掛債権の金額や期間、ファクタリング会社の方針などによって異なります。

ファクタリング契約後、売掛先が支払いをしなかった場合、どうなりますか?

契約内容によりますが、多くの場合、ファクタリング会社がそのリスクを負担します。

どのような企業がファクタリングを利用するのですか?

資金繰りの悪化、成長資金の必要、売掛先の信用リスクを軽減したい企業など、さまざまな企業が利用しています。

ファクタリングはどれくらいの期間で資金を調達できますか?

企業や売掛債権の内容によりますが、多くの場合、数日から1週間程度で資金調達が可能です。

ファクタリングの契約期間や解約についてはどうなっていますか?

契約内容やファクタリング会社によって異なりますが、一般的には短期間での解約も可能です。

ファクタリングを利用する際の注意点は何ですか?

手数料や契約内容をしっかり確認すること、取引先との関係にどのような影響が出るかを考慮すること、などが挙げられます。

ファクタリングによる資金調達の流れ

資金化までのステップ

買取りプランのご提示
審査後、ご希望に添ったお買取り条件をご提示致します。
条件をご承諾頂きましたら契約の日時を取りきめます。同日も可能です。

ファクタリングによる資金調達の流れを紹介すると

  • お問い合せ
    お電話・FAX・メール・LINEでお気軽にお問い合わせ
  • ヒアリング・審査
    必要書類等を提示、必要事項のヒアリング、面談を経て審査
  • 買取りプランの提示
    審査後、希望に添った買取り条件を提示
    条件に納得したら契約
  • 買取り実行
    契約後、買取り金額を送金