休職の場合の給料はどうなるの?夫がうつ病で休職中です

休職の場合の給料はどうなるの?夫がうつ病で休職中です

昨今では、うつ病なのでの長期休業という場合もあり、給料問題はクローズアップされています。

休職をする場合のお金問題について紹介します。

休職におけるお金の種類

休職中にもらえるお金ですが、給料、休業補償、傷病手当の3つに分かれます。

休職 給料

給料

一つ目の給料についてですが、これに関しては、会社によって違い、法的に縛りがあるわけではありません。

よって、万人に対応する項目でない為、自社の就業規則、賃金規定を確認してくださいとしか言いようがありません。

休業補償・労災

次の休業補償は、一般的には労災といわれるもので業務遂行中におきた事故等が原因で働くことが出来ず休職状態になったときに支払われるものです。

給料満額を支給されるものではありませんし、労災との認定を得る必要があるため一定の壁、障害は存在します。

申請したら翌日からもらえるなんて簡単なものではありません。

但し、業務中のことが原因での休職ですので支給される場合の割合は手厚く8割程度を目安と計算してよいでしょう。

申請についての注意したいことは、後で紹介します。

傷病手当

最後に傷病手当ですが、こちらは労災以外又は、業務時間外の原因での休職に対する保障の制度です。

言い方は悪いですが、業務時間外ということは遊んでいるとき等も含まれるわけで自己責任の割合が高くなる分支給割合は一番低く66%程度を考えるとよいでしょう。

【今だからこそ保険】をしませんか?
病気だけでなく、休職保証にも活用できます。
定評があり、無料で相談できる3サイトを紹介します
FPに今の保険を確認してもらい、現状の不安と将来のための設計を見直すならこちら【無料】
休業中だからこそ出来る保険の見直しで、今後のリスクに関しても考えてみませんか?
今からでも遅くない!保険を見直すことで同じ保証で月額の費用が安くなります【全国対応】

休職中 ボーナス

休職中はボーナスが出るの?

活力がみなぎる福利厚生の仕組みは数あれども、ボーナスの支給はひときわ労働者が喜ばしく受け止めます。

一定期間内の貢献度に応じて支給されますが、ボーナスの額を問わず努力が認められたと感じる契機になります。

休職中でも基本的にボーナスは支給されるものの、裁量は企業に委ねられるので確実的なことは明らかではありません。

事前に休職中の規定を調査しておくに越したことはないですが、心身ともに衰弱していることが想定できますから容易に行えないです。

理想としては入社した時期に休職中にまつわる取り決めの理解を深めておくことなので、企業に特有の知識を多く蓄える名目で担当者と話すことが肝心です。

ボーナスが休職中に支払われないところもあるために、療養費の工面に役立てる考えは改めるべきです。

本来であれば労働していない人物を特別視した福利厚生は厳粛に活用しなければならないので、休職中は受け取りを辞退する意気込みを見せる必要があります。

すでに提供されない旨が規定によって決まっているならば、覆そうとしないで復帰するための行動を逆算して組み立てると良いです。

組織で働くときに優先するべきことを想起すれば、福利厚生ばかりに着目できないと感じます。

休職中の給料支給額が減るもの

総括して、どの場合も本来会社に勤めているときに比べ支給額が減るのはお分かりいただいたと思います。

今までと同じ生活を維持することは非常に難しいことが分かります。

大事なのは、何時も健康には気をつけ、自立して働き収入を得ることに尽きるということです。

次にもう少し具体的に、うつ病で休職する場合で紹介してみます。

夫が休職中

夫が休職中ですが、給料はどうなるの?

最近では精神的な不調っから会社を休職せざるえない場合があります。

特にうつ病がそれです。

ウツは精神疾患の一つですので休職中には健康保険の傷病手当が支給されます。

この金額は、健康保険料の算定の基礎とな標準報酬月額を30で割ったものを1日あたりの基準の金額としてそれに3分の2をかけたものを手当として支給します。

そして発症して休職に至った日から3日連続した待機期間をとってのち、4日から起算して1年6か月の間支給されます。

ここで注意なのは、いくら休職中の期間が長くなって1年6か月以上となったときにはそれ以上には傷病手当は支給されないということで場合によっては無給となります。

しかしうつ病では休職中の期間が長くなるのが一般なので、会社もそれほど長く猶予してくれないこともあります。

そこで、うつ病の原因が会社であるということを証明できれば、傷病手当ではなく、労災となりますので、保証の幅が広がります。

【労災】うつ病で会社を休職、責任を会社に追求したい

うつ病というのは誰でもなる可能性があるものです。

精神的に強いと言われているような人でも仕事のストレスから通勤することが困難になり、休職に追いこまれるようなこともあるでしょう。

いったん休職してしまうとまた同じ会社に復帰するのに勇気が必要になりますし、

また同じ職場の人の理解と言うのも必要になってくるので、普通の日常を取り戻すのにも苦労してしまうでしょう。

そしてうつ病になって休職しているような時は、傷病手当となりお給料も満額出ないことは紹介しました。

ですから会社の仕事が原因でうつ病になってしまったような時は、会社に責任追及をしたいところです。

会社に責任追及するにも証明などが必要ですから、
過度な残業があったのであれば過度な残業を証明するタイムカードや勤務表などを証拠として提出するようにもしましょう。

また、うつ病により精神科への通院が必要になっているのであれば、精神科の診断書なども証明になります。

診断書や残業の証明書などは誰が見てもわかるものですから、責任追及にもつかえます。

自分で話して伝えるようだと伝え方によってニュアンスも違ってきてしまいますが、書面であれば誰に対しても同じものを提出できて良いです。

ウツの発症が私病ではなく、業務からくるものであれば労災になる可能性もあり、労災給付では健康保険の傷病手当のように1年6か月で打ち切りというものでなく、仕事ができない状況になり障害年金の認定があればその障害の状況が緩和されない限り給付金を貰い続けることも可能です。

ただし労災の認定には、専門家の協力も必要ですし、また、認定自体難しいとも容易ではないため、認められない時のことも頭に入れておきたいところです。

うつ病 労災

休職の時に考えたい手段

上記のように休職中の給料は、勤めていた会社に左右と言わざるを得ません。

休職期間を終え、復職しても会社になじめるか?これはその場にならないと分かりません。

旦那さんが、休職となると気が気ではないでしょう。

妻として何ができるか?
看病が中心でしょう。
夫婦チカラを合わせて、復帰までの道のりを寄り添うということでしょう。

うつ病の場合は、
会社での環境が精神不安定をまねていることも少なくありません。
よって、会社を辞め、新しい環境を提案することも1つかもしれません。

もちろん、生活に関わるお金の問題もありますが、健康はお金で買えないとも言われます。

旦那さんは、自分から会社を辞めるということは一家の主の立場としては言えないでしょうから、その重荷を取ってあげられるのが奥さんの仕事かもしれません。

とはいえ、住宅ローンや生活費など、必要最低限のお金の確保は必要ですから
退職金の確認や当面のお金のこと、再就職等の準備はしておく必要はありますね。

お金を借りるならここ!

※当サイトおすすめ順

お金を借りるならここ!

※当サイトおすすめ順

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
30日間無利息。
インターネットから申込み、来店不要で即日融資可能。
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

SMBCモビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
即日融資:平日14:50までの振込手続完了で当日口座振込可(審査結果により不可の場合有)
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ


関連記事:もしリストラされそうになったら・・・・

うつ病の夫の妻の体験談

夫名義でカードローンの申込をしました

夫がうつ病で仕事にいけなくなり、Yahoo知恵袋やOK-webなどでいろいろ調べたところ知恵袋でこれはという情報を入手しました。
そこで夫名義でカードローンの申込をしました、休職中とはいえ社員だったのでスムーズに発行できました
夫がうつ病になり仕事に行けなくなりました。
病気理由ですので給与は支給されますが若干減少することになります。今後のことの含めると不安もありますので、万が一の際にはお金を借りることがでいるように念のために夫名義でカードローンの申込むことにしました。
申し込んだのは、webから申込めるカードローンです。夫がうつ病ということで審査などに不安もありましたが、申込から1時間ほどで契約までスムーズに完了することができました。
利用限度額は50万円です。おそらくは勤務先へ確認の電話もあったのではと思われますが、休職中とはいえ社員であるので何の問題もなかったようです。
すぐい利用するつもりもありませんので、カードは郵送で送ってもらうことにしました。

今のうちにSMBCモビットのカードを作っておく

ボーナスカットのためにお金をかりました:知恵袋

夫の休職中はボーナスは支給されないことを知り知恵袋の情報からキャッシングでお金を借りました
夫が仕事中に怪我を負ってしまい、仕事どころか日々の生活もままならなくなりました。
休職中はボーナスを受け取ることができず、保険金も少なかったので金融機関からキャッシングを受けることにしました。
幸いにも夫は退院の目処が立っており、後に返済能力を回復できるとみなされたため無事にお金を借りることができました。
我が家はそれほど日常的な出費が多いわけではありませんでしたが、当時は娘の学費を払わなければならない時期だったので大いに助かりました。
今ではそのキャッシングの分の返済が完了し、何の問題もなく日々の生活を送ることができています。住宅ローンや自動車ローン以外でキャッシングを受けたのは初めてでしたが、利用して良かったです。
SMBCモビットはこちら

お金の工面の方はこちらから確認できます

▲ページトップに戻る