もしリストラされそうになったら・・・・何を真っ先にすること・もしもの時にために○○をしましょう

    いつ起こるかわからないリストラの恐怖

    リストラの恐怖に怯えている人は少なくないかもしれません。

    会社を急にクビにされるという意味のリストラですが、

    会社側の立場も昨今の経済状況から苦肉の策ともいえます。

    会社を維持するために、仕入れ値を押さえる、設備投資を抑える、そして、人件費を抑えるという経費削減は通常の流れです。

    とはいえ、当の本人は気が気ではないでしょう。

    労働基準法がありますので少しは守られている部分があり、即刻リストラということにはなりませんが、その間、転職先の探しの猶予はあるといってもそう簡単に再就職が可能になるとは限りません。

    では、質問です。





    あなた(あなたの旦那さん)は、リストラされる可能性があると思っていますか?

    心配はない少し心配リストラされるかもリストラされた

    *少し心配、リストラされるかもという方は、是非、本ページを熟読し、早めに対処法を実践してください。
    いざという時、絶対に助かります。

    リストラ 再就職

    再就職は簡単じゃない?

    転職活動において、
    再就職が早々に決まる人は少なく、会社を辞めてから、2,3ヶ月失業保険をもらいながら職安に通いやっと再就職が決まるという人も少なくありません。

    私も一時期ガードマンをしていました。

    交通費をケチる意味で、毎日1時間半ほど、現場まで徒歩で行きました。

    また、出勤日程を組むリーダーには少しでも仕事を入れてもらうように媚びを売る日々でした。

    そんな生活を送っていたので、そのときの気持ちは今でもわすれません

    リストラ後の生活

    リストラ後に後悔したこと

    そのときの状況を思い出すと仕事に関しては、選ばなければいろいろな仕事はあったかもしれません。

    お金が必要であれば肉体労働、時間がほしければバイトなど・・・。

    ただ、よく考えてみると、
    仕事を辞めてからの1年は非常に生活・お金に苦しみました。

    再就職は今までと同じ業種の仕事に就き、給料も同等程度ほしい。

    どうせ転職するならキャリアアップを前提として考えたい・・・・・。

    など、プライドと欲が先行していました。

    リストラされる前にやっておくといいこと

    いつかは就職が決まると思っていた時期の生活がかなり厳しいもので妻にも迷惑をかけました。

    失業手当は見込めても、それが支給されるまでの生活にも困りました。

    そこで、
    今だから、私が提案できるのは、
    仕事をしている(定期的に収入がある)うちに、1社でも多く、カードローンの申込みをしておくことです。

    アコムやプロミス、SMBCモビットなどテレビCMでも有名なカードローンキャッシングですが、

    実は、無職では審査に通りません。
    リストラされてから、いざという時にお金を借りることができなくなります。

    失業手当の支給までのつなぎとして、30日間の無利息ローンでつなぐことができたらもう少し余裕をもって生活できた感じています。

    失業手当は、長い期間もらえる物ではありません。

    その意味では、
    リストラされる前、会社員のうちにカード発行だけはしておきたいところです。

    今、必要なくても、いざというときに、絶対助かります。

    もし、この文章を旦那を心配した奥さんが呼んでいるとすれば、奥さん名義でカード発行するのも1つの手です。

    今のうちに複数社の申込みをしておくことで、少し気持ち的に楽になかと思います。

    旦那のいざという時のために、奥さんが申し込み、
    今借りるのではなく、いざの時のためにカードだけ作っておくのも賢い選択です。

    お金を借りるならここ!

    ※当サイトおすすめ順

    お金を借りるならここ!

    ※当サイトおすすめ順

    アイフル

    アイフル
    利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
    30日間無利息。
    インターネットから申込み、来店不要で即日融資可能。
    今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

    SMBCモビット

    モビット
    年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
    即日融資:平日14:50までの振込手続完了で当日口座振込可(審査結果により不可の場合有)
    *20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
    実質年率:3.0%~18.0%
    限度額:1万円~800万円
    今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

    お金に苦しんだ私の過去

    リストラ、解雇、会社クビ・・・・。

    これは、今、仕事をしている人の言葉です。

    私は、仕事をしなくても仕事がない状態が続きました。

    ガードマン以外にも、インセンティブの英語教材の営業を行っていました。

    朝から晩まで働いても、センスのない私はないも稼げずすぐにやめました。

    その後は、
    お金に困り、借りたくてもキャッシングの審査には通らず、親には非常に苦労をかけました。

    40歳を超えると、仕事の募集は一気に減ります。

    正社員になりたくてもそう簡単に見つからずバイトで生計という可能性も出てきます。

    特別に贅沢をすることはありませんが、正社員での仕事が決まるまで、一時的に生活苦に強いられました。

    お金は、必要なときにないということを実感しました。

    50代の再就職の実情

    50代の再就職は、もっと厳しくなります。

    管理職での求人は少なく、それなりのスキル、前職がらみのコネクションがないと厳しいといえます。

    もし、奥さんが専業主婦というなると、普通以上の生活を送るのは非常に難しくなります。

    マンションや一軒屋の住宅ローンがある場合、ボーナス払いなどの返済条件がある場合、仕事を失うとかなり返済に行き詰ります。

    不動産を売却し、ローン返済を行ったとしては、多くのお金が手元に残るか?はなんともいえません。

    主人がリストラされたらどうしよう・・・と考える主婦も今では多くいるようです。

    リストラされそう

    子供の教育資金、ローン返済など、お金にまつわる心配から、起こるものでしょう。

    はじめからお金を借りたい!と思う人はいません。

    切羽詰ってお金を借りたいと思ったとき・・・・それを考えるいい機会ではないでしょうか?

    >> カードローンランキングはこちら <<

    リストラ体験談:後藤 65歳 (東京)

    私が40代中盤のころの話です。
    私は大学を卒業し大手のメーカーに就職しました。(会社名は伏せます)
    スポーツ関係をはじめ多くの広告出稿に関する部署で海外勤務を経験し、40代で部長になり、年間に裁く額も億を超え、順風満帆の時期でした。
    不景気の波を受け、会社もそれにより人員整理を行うことになり、私が部署の自主退職・リストラ対象者のpickupの担当を命ぜられました。
    とはいえ、一緒に働いてきた部下を首にするという判断に非常に苦しみ、2か月ほど悩みました。
    期限もあったため、いろいろ考えた結果、リストのピックアップの中に自分を入れ、かっこいい言い方をすれば自分も責任を取る形で自主退職を選びました。
    退職金もそれなりに出るため、妻とも新しい第一歩という意識で会社を辞めたのです。

    会社を辞める段階で、知り合いから転職の話をもらっていましたが、かねてからやりたいと思っていた貿易ビジネス・輸入業を起業しました。

    問題はそれからです。
    当初はいろいろな人に助けてもらい、ビジネスラインに乗り、細々とではありますが右肩上がりの売り上げを推移していましたが、やはり世の中そう簡単に物事が進むものではありません。
    商品のトラブルや取引先との問題などものあり、退職金も徐々に底をつき、銀行から融資を受ける形でビジネスをつないでいました。

    ただ、会社のお金と自分のお金は別物です。
    給料を払えない状況だったので、生活費はキャッシングで賄っていました。

    今は、なんとか会社も持ち直し、会社の借金はある程度目途が付き、個人の借金は返済が終わってはいますが、あの時、なんとか資金が回っていなかったら今どうなっていたか?ぞーっとします。

    私はリストラによって人生の分岐点を迎えましたが、
    経済状況はいい時もあれば悪い時もあります。
    悪い時にどう我慢できるか、銀行の融資とカードローンにある意味助けられた思います。

    いざのときのためにキャッシング

    リストラされると危機を感じたので、そのためにいざのときのためにキャッシングのカード発行を行いました
    リストラされると、次の仕事が決まるまでは給料が入りません。
    貯金も安心できるほどの金額がなかったので、仕事を失くしてしまう前にキャッシングのカード発行を行いました。
    使わないならそれでも問題ありませんし、なるべく借金は作りたくなかったので、貯金がなくなった時のための保険として作成しました。一番の問題は審査の電話連絡でしたが、相手には私がリストラされるかも、という状況なのはわからないので、問題なく審査も通過してキャッシングのカードが発行されました。
    結局はリストラ後、1カ月ほどで次の職が決まったので利用することはありませんでしたが、キャッシングのカードがあるという点でお金の心配をしなくてもよかったので、とても安心できました。

    無職なので審査に落ちました

    50代の再就職は難しいと感じ、キャッシングを申し込んだところ、無職なので審査に落ちました
    50台でリストラに遭い無職となりました。会社都合ですので、しばらくの間は失業保険や少しばかりの預貯金で暮らしていくことができますが、50歳からの再就職は難しと感じ万が一に備えてキャッシングカードを作っておきたいと考えました。
    そもそも無職で審査に通るのかという不安はありましたが、今はweb上から簡単に申し込めますので、大手消費者金融のカードローンに申込んでみました。過去に銀行カードローンを利用したことはありますが、ほとんど利用しないまま解約しています。
    消費者金融は初めての申込みとなり、少しは審査も緩いのかとも考えての申込みでしたが、結果としては審査に落ちたとの連絡が入りました。予想通りとは言え若干のショックもありましたが、時間的には約30分前後で結果が分かりましたので有難かったです。

▲ページトップに戻る