退職後2000万円不足をどう考えるか?今お金がない人はどうするか?

2000万円貯める方法 退職後2000万円
スポンサーリンク

退職後のために2000万円貯める

最近のニュースで

金融庁が退職後に2000万円が不足する例もあるとして若いうちから資産運用が必要と報告書をまとめたことを受け、麻生財務大臣も資産形成の重要性を強調しました。

 麻生財務大臣:
100まで生きる前提で退職金って計算してみたことあるか?
普通の人はないよ。
そういったことを考えて、きちんとしたものを今のうちから考えておかないかんのですよ」

金融庁の報告書は平均的な高齢夫婦の場合、
公的年金などでは毎月約5万円の赤字が続き、退職後の30年間で2000万円が不足するとの例を示しました。

そのうえで、年金の受取額の減少などを見据えて、若いうちから積み立て、分散、長期の投資などを奨励しています。
引用:TV-asahi

などの意見も上がっています。

今でさえカツカツな生活を送っているのに、
老後最低でも2000万円必要ってどうゆうこと?

退職後のために2000万円貯めるのか?

今回の件、2000万円を貯めなくてはいけないという日本人的な志向が渦巻いている。

老後月5万円の所得がプラスで必要という根本を忘れてはならない。

だから、早いうちにそのための投資にも目を向けようと意図もある。

もちろん、
国に頼るな!という意味合いに聞こえないわけでもないし、年金のシステムがそもそもおかしいという矛盾もある。

  • 平均寿命が延びているのに需給年齢を連動して上げられない年金システム
  • 平均寿命が延びているのに定年の年齢が引き上げられていない企業状況

どちらも、簡単に操作できるわけではないので、ちょうどいい見直しのタイミングなのかもしれない。

日本人は貯金が好きだが、欧米では投資が基本。

日本人には投資という文化はなじまないかもしれないが、投資=ギャンブルというイメージも払拭のタイミングなのだろう。

サラリーマンが老後のために、不動産投資を始めているという話を聞くけど、本当の今回の老後のリスク回避の側面がある。

家賃を返済にまわし、25年、30年で返済する。
返済期間は、確定申告で節税にもなる。
返済が終わった老後にはまるまる所得になる。

そしてなりより、投資の中で不動産投資だけ、借金をして始められえる投資です。

株式投資やFXをやるために借入はできない。

しかし、不動産投資は、ローンをして投資ができるのです。