自営業・個人事業主はお金を借りにくいの?限度額はある?急な予定納税にお金がない!

自営業・個人事業主はお金を借りにくいの?限度額はある?急な予定納税にお金がない!

お金借りる!個人事業主のキャッシング体験談

予定納税が払えない!急な税金徴収

今まで定職につかずバイトで日々を過ごしていましたが友達と一緒に事業を起こそうということで一昨年、会社を立ち上げました。

元々広告事業においてそれなりの人脈があったため1年目からしっかりと売上を立てることができ今考えると調子に乗っていました。

翌年も前年以上ではないとはいえ、それなりに仕事を各クライアントからいただき順調に進めていました。

この段階では個人事業主として毎年確定申告をする形で税金を納めていましたが、問題が起きました。

自分の勉強不足と言えばそれまでですが、ある時郵便で予定納税のお知らせが来ました。

調べてみると前年の所得金額や税額などをベースにあらかじめ所得税及び復興特別所得税を納付するというものでした。

急な税金の徴収にびっくりし当初は無視をしようと思っていましたが、やはりここは律儀に税金を払うと心を入れ替えました。

しかし問題はお金です。

決して大きな額ではありませんが確定申告で税金を払っていたことの安心感から手元に貯金を残すことなく使っている状況がありました。

15万という金額でしたが 手元にないということでキャッシングを初めて申し込みすることにしました。

人に借りることも考えましたがやはりここは自分で解決しようという思いもありまた無利息のキャンペーンを活用することで何とか乗り切れそうだったことも一つの要因です。

確定申告の写しをベースにキャッシングの審査オッケーその日のうちに審査が通り入金も確認できました。

翌日指定の口座に予定納税を行うことができました。

自営業 生活費 借りる

生活費補填のためにお金借りました

私は、10年勤めたWEB製作会社から独立をしたのが3年前です。

最初の一年は、前職からの引き継ぎもあり新しい事業と両方からの入金で事業自体順調に進んでいました。

2年目も新規の受注もあり、また新たなスタッフを雇うなど順調に売上を伸ばしまた事業拡大の方向性も見えてきました。

無借金で事業ができる web 制作というメリットもありましたが3年目になり新規受注が思うように伸びずまたスタッフの人件費もかさみ自身の給与は度々止まることになりました。

この時、結婚しておりまた子供も幼稚園の子が一人いたため貯金を切り崩す形で生活を行っていました。

しかし貯金も底をつき始め今後の事業を考えると共に生活費の工面も悩みの一つとなりました。

事業においては縮小することで、経費を減らすことができるためすぐに休眠倒産する必要はないと考えましたが、最低限生活費を送るための自身の給与を確保は不透明なものでした。

個人事業主 お金を借りる

とりあえず生活費の補填ということでキャッシングでお金を借りる事を考えました。

しかし自営業者にお金を貸してくれるのか心配は尽きませんでした。

ネットで簡単に確認したところ、一定の収入があればお金を貸してくれるということだったのでとりあえず申し込みをしてみました。

審査はスムーズに行われ、その日のうちにびっくりすることにお金を借りることができました。

当面これで生活費はまかなえるのではないかなと安心したことでより一層仕事に集中することができています。

返済に関しても無理のない返済金額を設定しているので今のところ不安はありません。

それ以上に厳しい状況の時にお金を借りることができ金銭面だけでなく安心感を得ることができました。

お金を借りるならここ!

※当サイトおすすめ順

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
30日間無利息。
インターネットから申込み、来店不要で即日融資可能。
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

モビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
即日融資:平日14:50までの振込手続完了で当日口座振込可(審査結果により不可の場合有)
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

自営業・個人事業主がお金を借りる場合

個人事業主をはじめとする自営業は、企業によって守られていない分だけ毎月の収入も不安定ですし、事業資金に生活費を圧迫されることも少なくなく、もしもお金が不足した時の対策を講じておくことはとても大切なことです。

お金借りる 自営業

自営業者であっても、キャッシングでお金を借りるがその1つの策でしょう。

カードローンやキャッシングなど自営業者が借り入れを行う方法は、一般の人のキャッシングと同じで申請手続きも簡単で、なおかつ融資もスピーディーに行えます。

融資を受けるにあたっては審査をパスすることが欠かせませんが、この時に重要になるのが限度額の設定になります。

消費者金融は総量規制を遵守しなければならず、それによると年収の3分の1を超える借り入れは不可能となります。

あわせて収入が安定しているという前提もありますが、自営業者であろうと、専業主婦とは違い、収入がありますので心配の必要はありません。

もちろん、大企業のサラリーマンや公務員などに比べれば、比較的限度額も高くこともあります。

自営業・個人事業主がお金を借りるテクニックとして、
最初の審査での限度額が低かったとしても、それから借り入れと返済をきちんと続けていくことで信用度が上昇し、定期的な審査でその基準が上昇することもあります。

決して諦めることなく、こまめに利用して信用度を上げていくことが重要と言えるでしょう。

お金の工面の方はこちらから確認できます

お金借りる 個人事業主

自営業者:お金借りる時の所得証明

自営業者がお金を借りるとき、所得を証明する方法

自営業者がお金を借りる時、所得を証明したい場合、所得証明書・収入証明書を提出します。

証明書として使える書類は、確定申告書が一般的です。

予定納税払えない

確定申告書は、3月に作成し、税務署に提出するあの書類ですが、前年分の控えがあれば、控えを提出する事で所得を証明しお金を借りる事が出来ます。

確定申告書の控えが手元にない場合、役所で発行してもらえるため、必要であれば事前に役所に相談されると良いでしょう。

納税証明書と伝えれば手続きを行なってくれます。

自営業者は会社員ではありませんので、給与証明書、源泉徴収票の提出では証明が難しい場合もあり、自営業者の場合、給与を支払うのは自分であり、源泉徴収票も同様だからです。

したがって、今後、お金を借りる必要性が高いと感じる方は、前年の確定申告書の控えを保管しておく事をおすすめします。

また、独立する予定の場合、最低でも1年は収入証明書を用意出来ない事になります。

お金の工面は独立前にしっかり行なっておく必要があります。

個人事業主 キャッシング体験談

お金を借りる時の融資先

自営業がお金を借りる融資先としておすすめな業者の共通点

自営業者がお金を借りる融資先としておすすめな業者の共通点は、審査が比較的にゆるい貸金業者であるということです。

銀行で事業者がお金を借りるときには、かなり厳格な審査を要求されます。

銀行は、他の会社と異なって法律によって様々な金融商品を提供されていることを認められている存在です。

しかも、上限額が決められていないので会社に対しては数十億円というお金を貸すこともできます。

そのためには、いくつもの審査を通って信頼性の高い会社であることを証明しなくてはいけません。

しかし、消費者金融のような貸金業ではあまり大きなお金を貸さないので自営業であっても容易に融資の申込をする事が可能です。

貸金業にも特定の会社を対象とした比較的大きな融資はありますが、自営業者を対象として少額融資もきちんと用意されています。

そうした融資を事業資金として使うことは出来ませんが、個人的な趣味や嗜好に対して使うことは何の問題もないため多くの個人営業はこうした会社を使うのです。

▲ページトップに戻る