結婚式の祝儀2万円でもオッケー!は最近の常識?!ご祝儀の相場・考え方を紹介します

結婚式のご祝儀の相場

結婚式に招待された時にご祝儀の相場を考えてしまいます。

お金にゆとりがあるときは、3万でも5万で考えずに包むことができるのですが、

結婚式が重なるとどうしても、相場を知って、その相場に合わせたくなるものです。

一般的に祝儀相場は、
結婚式場の格式や新郎新婦との関係、ご祝儀を用意する側の年齢や地位、地域の慣わしにより違いがでてきます。

一般的な相場として友人なら3万です。

結婚式祝儀2万円

ご祝儀2万円でもOK!

では、3万円をケチって2万円でもいいでしょうか?

昔は偶数は割り切られる事で縁起が悪いと言われてきました。

以前からも、2万円を包む人がいましたが、その場合は、1万円札1枚と5千円札2枚にして奇数にする形が常識でした。

最近では2は夫婦、ペアという意味で考えられるようになり2万円を包む事も差支えないようになりました。

偶数を嫌う新郎新婦もいらっしゃいますので注意する必要があります。

とはいえ、
夫婦2人で出席の場合は一人分の2倍で4万円になりますが、偶数で縁起が悪いことから5万円包むことが多いです。

5万円では少ないと思う時にはご祝儀の他に1万円位の贈り物をプレゼントする事もあります。

結婚式に招待されて欠席する場合は、出席する時の金額の半分から1/3位の金額を目安にして1万円位を包みます。

新郎新婦と親しい間柄であれば希望するプレゼントを贈るのも良い方法です。

結婚式のご祝儀を一時的にお金を借りる方法

結婚式の祝儀は2万円でも構わないということを紹介しましたが、2万円では安いかなと思うこともあります。

気持ちではもう少し包みたいという気持ちがあっても、

給料日前や冠婚葬祭続きで金欠という場合もあると思います。

あとから、
「あいつ2万円しか祝儀をくれなかった」

という、セコイイメージを広められたり・・・というのも後悔しか残りません。

そんなとき、
お金が足りない時は、思い切ってキャッシングを使用しましょう。

キャッシングには、
銀行系や消費者金融、信販系がありますが、銀行系は限度額が大きく金利が低い分審査が厳しくなるため、小口融資で借りやすいのは消費者金融(アコム・プロミスなど)がおすすめです。

消費者金融のキャッシングであれば、ほとんどの会社が即日対応してくれます。

さらに、注目したいのが30日間無利息でお金が借りられるということです。

ご祝儀のお金をケチるなら、キャッシングでお金を借りて30日以内に返済すれば利息なしでお金を借りられるということです。

言い換えれば、ATM手数料よりも利息が少なくて済むこともあります。


キャッシングを上手に活用すれば、後日もう少し入れたらよかったと後悔することなく笑顔で結婚式に出席することができますね。

お金を借りるならここ!

※当サイトおすすめ順

プロミス

プロミス
はじめての方、初回の利用翌日から30日間無利息!
審査は最短30分!最短1時間融資も可能
20歳以上69歳以下で安定収入があれば学生でも主婦の条件でも申込可能、50万円まで所得証明不要
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
実質年率:4.5%~17.8%
限度額:1~500万円
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
30日間無利息。
インターネットから申込み、来店不要で即日融資可能。
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

モビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
即日融資:平日14:50までの振込手続完了で当日口座振込可(審査結果により不可の場合有)
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

お金の工面の方はこちらから確認できます

ご祝儀 お金を借りる

キャッシング体験談:お祝い事だけどキャッシングで祝儀をまかった

私の勤務先は社員も多く、同僚どうしが仲がいいのも長所なのですが、しかし困るのが出産や結婚などのお祝いごとが頻発してしまうとその分のご祝儀に苦しめられるということです。

先月も三件分のご祝儀が必要になり、合計で10万円ほどの緊急出費に涙をのみました。

これからも結婚式の予定などが目白押しですし、取引先でも慶びごとがあるらしく、どうやって乗り切ったらよいのか四苦八苦しています。

そんな時に先輩から薦めてもらったのが消費者金融のキャッシングでした。

キャッシングならばスマートフォンや電話から簡単に申し込みができるので、店舗窓口などに足を向ける手間隙が必要ありません。

私の場合も深夜の時間帯に申し込みを行い、10万円の借り入れを申請。

すると翌日の午前中までには審査が完了して融資可能との連絡を受け取りました。

それからの対応も非常にスピーディーで有り難いものでした。

3時間後くらいには銀行口座に一括振り込みが行われ、ネットバンキング登録しているので私のスマートフォンにもすぐに連絡が届き入金確認することができました。

それを引き出して、翌日の結婚式に参加。

なんとかお金の不足をカバーしてこの難所を乗り切ることができて良かったです。

個人的には、結婚式の祝儀は2万円はダメです!

祝いの席だからこそお金借りてでも工面もありだと思います。

お金を借りるならここ!

※当サイトおすすめ順

プロミス


はじめての方、初回の利用翌日から30日間無利息!
審査は最短30分!最短1時間融資も可能
20才以上で一定の収入があれば学生でも主婦でも申込可能、50万円まで所得証明不要
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

モビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
即日融資:14:50までの振込手続完了で当日振込可(審査結果により不可の場合有)
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

結婚式の祝儀がないのでキャッシングでまかないました

しばらく合っていなかった友人が結婚することになり、結婚式に招待されたんですが、祝儀を用意できるほど手持ちのお金がなくてすっかり困り果てていたんです。
祝儀を理由に欠席するのはあまりにも情けないですし、年金暮らしの親に借りるわけには行かないので、思い切ってキャッシングを利用することにしたんです。
今までキャッシングに対してあまり良いイメージがなかったものの、実際に利用するととても便利で、本当に助かりました。
消費者金融のカードローンのキャッシングを選んでみたんですが、無人の契約機で意外にも簡単に契約することが可能でした。その日のうちにお金を借りられたので、結婚式当日に無事に間に合わせることができて良かったです。

結婚式は祝儀以上に交通費がかかる場合も

高校を卒業してから今年で10年になる。
私の場合は、中学3年の時に父親が山口市から下関市に転勤となったため、高校は下関でも歴史のある高校へと進学したのだった。
高校入学後、新入生に対する部活・サークル活動の熱い募集が行われていたが、私は弓道部の主将の募集トークに感じるところもあって、弓道部に入部することを決めたのだ
った。
所詮門外漢のこと、入部すればすぐにでも弓を引かせてくれるものとぐらいにしか考えていなかったが、入部後は毎日がすり足での歩く練習ばかりであった。
どれくらいの期間、そのすり足練習が続いたかは今では定かではないが、そのことを理由としてか新入部員の半数は早々と退部したことだけははっきりと覚えている。
私が当初思っていたと同じように、早々と退部した仲間もすぐにでも弓を引けるものと思っていたに違いない。
すり足練習を越えて3年間を全うし、弓道部で高校生活を一緒に送った仲間とは今でも定期的に一泊二日で集まっては旧交を温めていくと決めている。
高校を卒業してからはそれぞれ別々の大学へと進んでいたわけだが、山田という世話好きの仲間がいたことが功を奏し、彼の尽力で4年間のブランクを埋めてくれる
結果となった。
ただ、東は埼玉から西は下関まで7人が各地に散らばっているため、その時々の会場選定が大変である。
今では、7人全員の住所連絡先・メールアドレスを各自で保持している状況である。
そうは言っても日頃特別、メールのやり取りをするわけでもない。
大学卒業後、業種・職種とも7人それぞれがマチマチでしかも職場でも中堅的な立場ともなれば忙しい日々を送っているはずであることを考えれば当然と言えば当然で
ある。
そんななか昨日、その同期の山田から全員宛のメール連絡が入いっていた。
その内容は、同期の安田が地元で結婚式を挙げると言うもので、本人の安田からも追って招待状が届くとのことであった。
安田自体は高校卒業後、地元山口の大学へと進み、卒業後は地元下関の実家のお茶屋を継いでいると聞いている。
わが同期7人のうち、地元で仕事をしているのは安田だけである。
私にとっては、高校卒業後はじめての下関となるが、私の父親が転勤族であり、今は私の実家は広島である。

最初にメールをもらった時は安田の結婚へのお祝いの気持ちと、高校時代の懐かしい顔ぶれに出会えることへの懐かしさ、喜びを感じていたが、ふと頭を過ぎったのは
下関までの移動費と祝儀のことである。
東京から新下関までの往復費用が4万円は必要である。
祝儀の方は同期の仲間と相談にはなると思うけど祝い事である、あまりケチなことも出来ないと思う。
いままでは、こんな急な出費に対しての用意など考えてもいなかったが、これからは同期の仲間もみんな適齢期に突入である。
今回のようなことも含めて準備の必要性を強く感じた一日だったのである。

▲ページトップに戻る