各種ローンを考える:無利息ローン・大手銀行ローン・女性向けローン・おまとめローン・ビジネス、事業者ローン

コロナウイルス肺炎の自粛、緊急事態宣言で

飲食店は営業時間が限定され、多くの企業はテレワークという新しい社会環境・習慣となりました。
その期間、基本的に不要不急の外出は制限され、経済が止まりました。
外国人観光客が止まった上に、国内観光客もストップ
旅行会社・ホテル・旅館だけでなく、交通機関(電車)や航空会社も大打撃となりました。

最近のニュースでは
5月の訪日外国人客は、前年同月比99.9%減の1700人。
4月の2900人よりも少なく過去最少というニュースも流れました。

対岸の火事ではない

以前から本サイトでは、いつ・何が起こるか分からないからこそ、
生活が安定しているうちに、リスク管理をしておきましょう!
ということを紹介しています。
コロナによって経済は止まり、
現状、国や都道府県の助成や給与によって、企業や個店はなんとか守られていますが、企業存続を断念した企業もチラホラ見えてきました。
企業が倒産すれば、
当たり前ですが、社員はリストラという形になります。

会社員という立場であれば、いろいろな保証がありますが、
無職という立場になると、いろいろな不具合が出てきます。

信用力があるうちに

その1つが、信用力

 

お金を借りるために、キャッシングのカードを発行したいと思っても、無職では審査が通りません。

  • 会社が潰れる前
  • リストラされる前
  • 定年前

であれば、何も問題なくカードが作れたものが、コロナによって今後、審査に通らない状況になるかもしれません。

 

キャッシングは、クレジットカードみたいなもので、使った分を返済するシンプルなものです。
はじめての方の場合、最大30日間利息0円なので、クレジットカード払いより得とも言えます。

自分の身は自分で守る

現状、コロナは落ち着き、経済は動き出しましたが、冬になればインフルエンザのように爆発的に感染となるかもしれません。
コロナによって、
自分の身体を守るために手洗い・マスク・ソーシャルディスタンスを身に着けたと思います。
でれば、お金に困った時の一時的な解決手段としてキャッシングのカードを作っておくことをお勧めします。

《このページの”最重要”ポイント》

《私ならこう考えます。》
お金の借り方は人それぞれですが、
心に余裕があるうちに申し込みだけしておくといいと思います。
ちなみに

  • 利用限度額が50万円を超えない場合
  • 利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を未満の場合

収入証明は不必要なので、免許証の表裏の写メを取って準備完了です。

 

お金を借りるならここ!

平日・休日も借入可能!!

24時間申し込み可能!
・なるべく早く借りたい!
・安心できる所でお金を借りたい!
・他社ご利用の方でも審査可能!!
 *お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
・申し込み、即お金を借りる必要なし!
※当サイトおすすめ順
審査に心配がある場合は、すべてに申し込みがおすすめです!

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
はじめての方なら最大30日間利息0円。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:最大800万円
インターネットから申込み、来店不要で最短1時間融資も可能。
※お申込みの時間帯により翌日以降になる可能性があります

《借入れまでの流れ》

  • ①登録フォームより申込みのにち、仮審査の判定結果メールが届きます
  • ②本人確認書類(免許書・保険証・パスポートなど)を提出(スマホで撮影して添付等)

    ③本審査結果メール「ご融資可能」で借入れ可能

申込はこちらから

アイフル お金の借り方


プロミス

プロミス公式
消費者金融のプロミス(PROMISE)はアルバイト、パート、主婦でも借り入れが可能なキャッシング・ローンです。
担保および保証人も必要なくネット審査で融資審査が通れば即日、指定口座へ振込が行われます。
・金利は4.5%から17.8%
・利用限度額 500万円
・審査時間 最短30分程度(ネット上審査の場合)
・融資 即日対応可能
プロミス お金の借り方


アコム

アコム
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
24時間ネットでお申し込みが可能で、最短即日お借入いただけます。
また、営業時間内であれば最短30分で審査回答!
*20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
アコム お金の借り方


SMBCモビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
最短1時間融資:原則24時間いつでも対応可能
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
モビット お金の借り方

各種ローンお金にまつわる話

お金を借りるといってもたくさんの種類のローンがあります。

キャッシング・カードローン

そこで、キャッシングの種類として定番のローンをまとめました。

  • 無利息ローン
  • 大手銀行ローン
  • 女性向けローン
  • おまとめローン
  • ビジネス、事業者ローン

無利息ローンの使い方

無利息金融会社ローンとは
金融会社で行われる金利について無利息で借り入れができるサービスがあります。

これは一括で支払いが原則ですが、決められた期限内で一括返済した場合において金利が発生しないという契約です。

例えば、1社から20万円キャッシングをした場合、
返済期限がキャッシングから15日間の間に20万円返済できれば金利は必要ありません。

利用方法として給与日前の急な出費が発生した場合、必要な分だけキャッシングする、返済は給与が入り次第、一括返済で計画的に対応できるプランを組むことが可能です。

注意点は必要以上にキャッシングしないこと。

余分にキャッシングする癖がつくと返済計画にズレが発生した時に金利が発生する、返済するために他社から新規契約で返済しようとするなど借り入れ先が増えるリスクが高くなります。

無利息ローンの期間

無利息ローンの期限は金融会社によって違いがあるので契約時に確認する必要がありますが最短で10日前後、最長で30日間のサービスが多い傾向です。

理由する側として30日間の長期期日を選ぶか早い期日を選ぶかはその時の状況によって使い分けると良いでしょう。

できるだけ借りたものは早く返してしまう方が心理的にも良いのは間違いありません。

無利息ローン

大手銀行ローンのメリット

大手銀行系ローンを利用するメリットは

  • 金融会社ローンと比べて金利が安い
  • 他社ローンを銀行系ローンへおまとめローンとして借り換えが容易

という点です。

銀行系ローンはキャッシング以外にも住宅ローン、車購入ローンなど多様でありこれらのローンを個別契約または全てまとめてローン返済も可能です。

また消費者金融系と比べて利用限度額が大きいのも特徴であり、ビジネス向け、事業者ローンなどは銀行系ローンの得意な分野でもあります。

消費者金融系ローンとの違いのひとつに審査が厳しい点があり、審査基準が高いのも特徴です。特に利用限度額が高いローンを組む場合は審査内容も厳しくなりがちです。

過去に銀行系ローンを組んで完済、返済期間中に支払いに関するトラブルがない人は比較的審査が通りやすいようですが新規、他社ローンのおまとめローンを目的とした新規契約者の場合は審査基準も厳しくなります。

大手銀行系ローンを将来的に利用を検討している人は銀行への定期預金口座を開設する、公共料金の引き落とし先として口座を利用するなど日頃から利用で実績を作っておくことも大事なポイントです。

もちろん引き落とし残高がりない、定期預金が滞るなど起こさない事が前提ですが銀行利用の実績を作ることで将来的にローンをする時に優先されやすくなる傾向がありま
す。

女性向けローンの特徴

女性向けローンでは
正社員以外のパート、派遣、専業主婦などが対象の内容が特徴です。

具体的には利用限度額が通常ローンよりも低い、保証人が必須など。

一般的には女性は結婚すると男性側の配偶者として専業主婦もしくはパートタイムで働く人が多く収入面で男性会社員より低くなりやすい傾向があります。

そのため金融会社にとって返済リスクが高い顧客層となり利用限度額を低く抑える傾向となります。

独身女性の場合は定収入者なら通常の金融ローンを利用も可能です。

また借入時の年齢が高いと返済についてのリスクが高くなると判断され希望額よりも低い金額しか借りれないケースも発生します。

独身女性でも収入がアルバイト、パート、派遣等の定期収入でない場合はやはり金融会社からリスクの高い顧客と判断される可能性が高くなりがちです。

女性向けローンは上記の借りにくい状況に該当する女性を対象とした比較的審査基準のゆるいキャッシングローンです。審査基準が緩いと言っても審査基準をクリアできない人は審査が通りません。

女性向けキャッシング・ローンは即日審査、最短1時間融資、限度額は低い設定なのが特徴で期日内返済であれば無利息なのがほとんどのようです。

女性向けローン

借り換えローン融資対象と借り換えローンについて

複数の金融会社ローンを抱えてる人が借入額を一社にまとめて返済するのが「借り換えローン」です。

融資というより借金を一本にまとめて返済額を圧縮するために検討してもらいたい方法です。

複数の金融会社のローンを抱えている場合、返済期限が個別になり金利もマチマチとなるため管理が難しくなりトータルでの出費もバカになりません。

借り換えローンでそれらを一本にまとめると金利も統一され手数料もひとつだけで済みます。また返済金額もひとつにまとまるので完済まであとどのくらいか計画も立てやすくなります。

借り換えローンは消費者金融、大手銀行でも対応していますが複数の金融会社からローンが有る場合、大手銀行で審査に通らないケースもあります。

ただし、大手銀行ローンを組んでいる場合は借り換えローンは通りやすいようです、原則として過去の支払いに問題がないことが条件となります。

また、返済金額が毎月最低返済額の場合だと審査段階で落とされるケースもあるようで返済に余裕がある人は最低支払額より多めに返済しておくと良いでしょう。

借り換えローンは利用しているキャッシングローンと窓口が違うため別途に申請する必要があります、もしくは公式サイトのサポートセンターへ問い合わせて直接、担当者と相談も可能です。

事業資金の借り換えローンは事業資金用のローンに申し込み事になるので審査基準も個人向けと違ってきます。

借り換えローンの申請には保証人、担保は必要ありませんが保証会社の審査を通る人だけが融資対象となります。

ビジネス、事業向けローンは大手銀行の金利が低い

ビジネス、事業者向けローンは利用限度額が大きく審査基準も個人融資と違い厳しくなります。

個人向けローンの多くは生活費への融資となっており事業向けの融資には対応していません。

ビジネス、事業向けローンに対応しているのが大手銀行ローンがメインとなり利用限度額も500万円以上1000万円以内となっているのが殆どです。

もちろん500万円以下からの融資も可能です。
大手銀行のビジネス、事業向けローンは融資額が大きいほど金利が低く設定され最大利用限度額を利用の場合では3.0%から4.0%の金利で借りることが可能です。

融資の際に使用用途を尋ねられる事もあり事業に関する書類を用意する必要があります。

  • 備品購入費
  • 借り入れ目的
  • 人件費への支払い

が目的の場合には融資対象から外されるケースもありますが、担当者と相談の上で書類を作るのが最も失敗の少ない計画書となります。

融資を受ける際には個別に担当者がつき融資に必要な資料など問い合わせがあります。

長年付き合いのある金融機関の場合はすでに担当者と顔見知りの場合がおおく交渉もスムーズに行われるでしょう。

消費者金融会社の中で事業向けローンに対応し融資への審査が早いのがプロミス、アコムなどが代表的ですが大手銀行と比べて金利が高いのが違いです。

ただし、返済方法については消費者金融ローンの方が返済日を期日内ならいつでもOK、または1ヶ月の中で複数の返済日がありその中から選択もできます。

*カーローン(自動車ローン)や住宅ローンなどを省かせて頂きました。