1. TOP
  2. 各種ローンを考える:無利息ローン・大手銀行ローン・女性向けローン・おまとめローン・ビジネス、事業者ローン

各種ローンを考える:無利息ローン・大手銀行ローン・女性向けローン・おまとめローン・ビジネス、事業者ローン

お金を借りるといってもたくさんの種類のローンがあります。

そこで、キャッシングの種類として定番のローンをまとめました。

  • 無利息ローン
  • 大手銀行ローン
  • 女性向けローン
  • おまとめローン
  • ビジネス、事業者ローン

無利息ローンの使い方

無利息金融会社ローンとは
金融会社で行われる金利について無利息で借り入れすることができるサービスがあります。

これは一括で支払いすることが原則ですが、決められた期限内で一括返済した場合において金利が発生しないという契約です。

例えば、1社から20万円キャッシングをした場合、
返済期限がキャッシングから15日間の間に20万円返済できれば金利は必要ありません。

利用方法として給与日前の急な出費が発生した場合、必要な分だけキャッシングする、返済は給与が入り次第、一括返済することで計画的に対応できるプランを組むことが可能です。

注意点は必要以上にキャッシングしないこと。

余分にキャッシングする癖がつくと返済計画にズレが発生した時に金利が発生する、返済するために他社から新規契約で返済しようとするなど借り入れ先が増えるリスクが高くなります。

無利息ローンの期限は金融会社によって違いがあるので契約時に確認する必要がありますが最短で10日前後、最長で30日間のサービスが多い傾向です。

理由する側として30日間の長期期日を選ぶか早い期日を選ぶかはその時の状況によって使い分けると良いでしょう。

できるだけ借りたものは早く返してしまう方が心理的にも良いのは間違いありません。

無利息ローン

大手銀行ローンのメリット

大手銀行系ローンを利用するメリットは

  • 金融会社ローンと比べて金利が安い
  • 他社ローンを銀行系ローンへおまとめローンとして借り換えすることが容易

という点です。

銀行系ローンはキャッシング以外にも住宅ローン、車購入ローンなど多様でありこれらのローンを個別契約または全てまとめてローン返済することも可能です。

また消費者金融系と比べて利用限度額が大きいのも特徴であり、ビジネス向け、事業者ローンなどは銀行系ローンの得意な分野でもあります。

消費者金融系ローンとの違いのひとつに審査が厳しい点があり、審査基準が高いのも特徴です。特に利用限度額が高いローンを組む場合は審査内容も厳しくなりがちです。

過去に銀行系ローンを組んで完済、返済期間中に支払いに関するトラブルがない人は比較的審査が通りやすいようですが新規、他社ローンのおまとめローンを目的とした新規契約者の場合は審査基準も厳しくなります。

大手銀行系ローンを将来的に利用することを検討している人は銀行への定期預金口座を開設する、公共料金の引き落とし先として口座を利用するなど日頃から利用することで実績を作っておくことも大事なポイントです。

もちろん引き落とし残高がりない、定期預金が滞るなど起こさない事が前提ですが銀行利用の実績を作ることで将来的にローンをする時に優先されやすくなる傾向がありま
す。

女性向けローンの特徴

女性向けローンでは
正社員以外のパート、派遣、専業主婦などが対象の内容が特徴です。

具体的には利用限度額が通常ローンよりも低い、保証人が必須など。

一般的には女性は結婚すると男性側の配偶者として専業主婦もしくはパートタイムで働く人が多く収入面で男性会社員より低くなりやすい傾向があります。

そのため金融会社にとって返済リスクが高い顧客層となり利用限度額を低く抑える傾向となります。

独身女性の場合は定収入者なら通常の金融ローンを利用することも可能です。

また借入時の年齢が高いと返済についてのリスクが高くなると判断され希望額よりも低い金額しか借りれないケースも発生します。

独身女性でも収入がアルバイト、パート、派遣等の定期収入でない場合はやはり金融会社からリスクの高い顧客と判断される可能性が高くなりがちです。

女性向けローンは上記の借りにくい状況に該当する女性を対象とした比較的審査基準のゆるいキャッシングローンです。審査基準が緩いと言っても審査基準をクリアできない人は審査が通りません。

女性向けキャッシング・ローンは即日審査、即日融資、限度額は低い設定なのが特徴で期日内返済であれば無利息なのがほとんどのようです。

女性向けローン

借り換えローン融資対象と借り換えローンについて

複数の金融会社ローンを抱えてる人が借入額を一社にまとめて返済するのが「借り換えローン」です。

融資というより借金を一本にまとめて返済額を圧縮するために検討してもらいたい方法です。

複数の金融会社のローンを抱えている場合、返済期限が個別になり金利もマチマチとなるため管理が難しくなりトータルでの出費もバカになりません。

借り換えローンでそれらを一本にまとめると金利も統一され手数料もひとつだけで済みます。また返済金額もひとつにまとまるので完済まであとどのくらいか計画も立てやすくなります。

借り換えローンは消費者金融、大手銀行でも対応していますが複数の金融会社からローンが有る場合、大手銀行で審査に通らないケースもあります。

ただし、大手銀行ローンを組んでいる場合は借り換えローンは通りやすいようです、原則として過去の支払いに問題がないことが条件となります。

また、返済金額が毎月最低返済額の場合だと審査段階で落とされるケースもあるようで返済に余裕がある人は最低支払額より多めに返済しておくと良いでしょう。

借り換えローンは利用しているキャッシングローンと窓口が違うため別途に申請する必要があります、もしくは公式サイトのサポートセンターへ問い合わせて直接、担当者と相談することも可能です。

事業資金の借り換えローンは事業資金用のローンに申し込み事になるので審査基準も個人向けと違ってきます。

借り換えローンの申請には保証人、担保は必要ありませんが保証会社の審査を通る人だけが融資対象となります。

ビジネス、事業向けローンは大手銀行の金利が低い

ビジネス、事業者向けローンは利用限度額が大きく審査基準も個人融資と違い厳しくなります。

個人向けローンの多くは生活費への融資となっており事業向けの融資には対応していません。

ビジネス、事業向けローンに対応しているのが大手銀行ローンがメインとなり利用限度額も500万円以上1000万円以内となっているのが殆どです。

もちろん500万円以下からの融資も可能です。
大手銀行のビジネス、事業向けローンは融資額が大きいほど金利が低く設定され最大利用限度額を利用の場合では3.0%から4.0%の金利で借りることが可能です。

融資の際に使用用途を尋ねられる事もあり事業に関する書類を用意する必要があります。

  • 備品購入費
  • 借り入れ目的
  • 人件費への支払い

が目的の場合には融資対象から外されるケースもありますが、担当者と相談の上で書類を作るのが最も失敗の少ない計画書となります。

融資を受ける際には個別に担当者がつき融資に必要な資料など問い合わせがあります。

長年付き合いのある金融機関の場合はすでに担当者と顔見知りの場合がおおく交渉もスムーズに行われるでしょう。

消費者金融会社の中で事業向けローンに対応し融資への審査が早いのがプロミス、アコムなどが代表的ですが大手銀行と比べて金利が高いのが違いです。

ただし、返済方法については消費者金融ローンの方が返済日を期日内ならいつでもOK、または1ヶ月の中で複数の返済日がありその中から選択することもできます。

*カーローン(自動車ローン)や住宅ローンなどを省かせて頂きました。