最短1時間融資を申し込む前に気を付けたいこと

コロナウイルス肺炎の自粛、緊急事態宣言で

飲食店は営業時間が限定され、多くの企業はテレワークという新しい社会環境・習慣となりました。
その期間、基本的に不要不急の外出は制限され、経済が止まりました。
外国人観光客が止まった上に、国内観光客もストップ
旅行会社・ホテル・旅館だけでなく、交通機関(電車)や航空会社も大打撃となりました。

最近のニュースでは
5月の訪日外国人客は、前年同月比99.9%減の1700人。
4月の2900人よりも少なく過去最少というニュースも流れました。

対岸の火事ではない

以前から本サイトでは、いつ・何が起こるか分からないからこそ、
生活が安定しているうちに、リスク管理をしておきましょう!
ということを紹介しています。
コロナによって経済は止まり、
現状、国や都道府県の助成や給与によって、企業や個店はなんとか守られていますが、企業存続を断念した企業もチラホラ見えてきました。
企業が倒産すれば、
当たり前ですが、社員はリストラという形になります。

会社員という立場であれば、いろいろな保証がありますが、
無職という立場になると、いろいろな不具合が出てきます。

信用力があるうちに

その1つが、信用力

 

お金を借りるために、キャッシングのカードを発行したいと思っても、無職では審査が通りません。

  • 会社が潰れる前
  • リストラされる前
  • 定年前

であれば、何も問題なくカードが作れたものが、コロナによって今後、審査に通らない状況になるかもしれません。

 

キャッシングは、クレジットカードみたいなもので、使った分を返済するシンプルなものです。
はじめての方の場合、最大30日間利息0円なので、クレジットカード払いより得とも言えます。

自分の身は自分で守る

現状、コロナは落ち着き、経済は動き出しましたが、冬になればインフルエンザのように爆発的に感染となるかもしれません。
コロナによって、
自分の身体を守るために手洗い・マスク・ソーシャルディスタンスを身に着けたと思います。
でれば、お金に困った時の一時的な解決手段としてキャッシングのカードを作っておくことをお勧めします。

《このページの”最重要”ポイント》

《私ならこう考えます。》
お金の借り方は人それぞれですが、
心に余裕があるうちに申し込みだけしておくといいと思います。
ちなみに

  • 利用限度額が50万円を超えない場合
  • 利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を未満の場合

収入証明は不必要なので、免許証の表裏の写メを取って準備完了です。

 

お金を借りるならここ!

平日・休日も借入可能!!

24時間申し込み可能!
・なるべく早く借りたい!
・安心できる所でお金を借りたい!
・他社ご利用の方でも審査可能!!
 *お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
・申し込み、即お金を借りる必要なし!
※当サイトおすすめ順
審査に心配がある場合は、すべてに申し込みがおすすめです!

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
はじめての方なら最大30日間利息0円。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:最大800万円
インターネットから申込み、来店不要で最短1時間融資も可能。
※お申込みの時間帯により翌日以降になる可能性があります

《借入れまでの流れ》

  • ①登録フォームより申込みのにち、仮審査の判定結果メールが届きます
  • ②本人確認書類(免許書・保険証・パスポートなど)を提出(スマホで撮影して添付等)

    ③本審査結果メール「ご融資可能」で借入れ可能

申込はこちらから

アイフル お金の借り方


プロミス

プロミス公式
消費者金融のプロミス(PROMISE)はアルバイト、パート、主婦でも借り入れが可能なキャッシング・ローンです。
担保および保証人も必要なくネット審査で融資審査が通れば即日、指定口座へ振込が行われます。
・金利は4.5%から17.8%
・利用限度額 500万円
・審査時間 最短30分程度(ネット上審査の場合)
・融資 即日対応可能
プロミス お金の借り方


アコム

アコム
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
24時間ネットでお申し込みが可能で、最短即日お借入いただけます。
また、営業時間内であれば最短30分で審査回答!
*20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
アコム お金の借り方


SMBCモビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
最短1時間融資:原則24時間いつでも対応可能
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
モビット お金の借り方

即日融資をお金 借りる

最短1時間融資を申し込む前に

最短1時間融資の申し込み前に気を付けたいことは2点あります。

1点目は申込先には最短1時間融資をするための申込時間が決まっているので、その時間帯をしっかりと確認しておくことが大切です。もし、申込時間外に申し込みをしますとその日に審査をしてもらうことができません。

つまり、審査が翌日になったり翌日が休業日なら翌営業日に審査が行われることになります。

必要書類

最短1時間融資とは申し込んだ日に融資を受けることができるサービスですが、しっかりと当日に融資を受けるためには必ず申込時間までに申し込むことが必須となります。

2点目は申込時の必要書類として収入証明が必要かどうか、又は収入証明を用意できるかどうかです。

人によっては収入証明をすぐに用意が出来ないケースがあるので、その場合は申込先として銀行を選ばなければなりません。

必要書類

即日の融資額相場

当日の融資が可能なサービスの融資額の相場は、どのような金融機関であってもある程度決まっています。

何故かと言うと、最短1時間融資のサービスに関しては上限額の基準が法律によってはっきりと決められているからなのです。

個人の消費者に対してサービスを提供している金融機関のことを消費者金融と言いますが、消費者金融が提供するサービスには総量規制と言う融資の枠に関する規制が適用されることになります。

総量規制

総量規制というのは、融資の申請を行っている本人の年収によって融資額の上限が決まる規制のことを言いますので、相場はこの規制の範囲内で必ず決められることになります。

こうした最短1時間融資も可能(※お申込みの時間帯により翌日以降になる可能性があります)なサービスは非常に借りやすい仕様になっているのですが、それはこうした法律によって融資の枠に規制が入っているからに他なりません。

法的な保障が最初から整備されていますので、安全にお金を借りることが出来るのです。
そのため、個々人のケースによって年収と言う基準で最短1時間融資の相場は決定されることになります。

最短1時間融資での収入証明

最短1時間融資を申し込み際に一般的に必要な書類が収入証明書です。基本的には収入証明書は最短1時間融資には必要だと思っておいたほうが無難なのですが、現実的には収入証明書がなくても最短1時間融資も可能(※お申込みの時間帯により翌日以降になる可能性があります)な融資会社もあります。

収入証明書

まずは、銀行系のカードローンなどでは昔と違って最短1時間融資も可能(※お申込みの時間帯により翌日以降になる可能性があります)な融資会社もでてきており、収入証明書が不要な場合もあるようです。また消費者金融系の融資会社においても50万円未満の借り入れならば収入証明書が不要な場合があります。これは他社からの借り入れが100万円以下であるという条件付ですが。

このように、最近では収入証明書が不要な場合でも借り入れをが可能なところが増えてきているようです。役所などに書類をとりにいかなくて良い分、実際に最短1時間融資がより現実的だということが言えます。

なお、通常必要な収入証明書は

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 確定申告票
  • 所得証明
  • 給与明細

などのコピーとなります。
最短1時間融資も対応は融資会社によって色々です。肝心なときに焦ることがないように収入証明も含めて必要な書類はきっちりと揃えておきたいものです。

土日でも利用できる

土日でも利用できる

最短1時間融資を利用するときに申込先を選ぶ場合、曜日にかかわらずいつでも審査を行っている会社と最短1時間融資は平日に限るという会社があるので覚えておくと良いです。つまり、会社によっては平日しか対応していないということです。

週末:土日・祝日

一般的にお金が必要となることが多いのは週末の土日や祝日です。

仕事が休みの人が多くでかける機会も多いからです。

こうした状況でお金をすぐに借りたいという人は申込先を選ぶ時に必ず土日祝でも対応している会社を選ばなければなりません。

そうしなければ、平日のみ審査を行っている会社だと、最短1時間融資の申し込みをしても審査が行われるのは月曜日となります。

この点は意外と見落としがちな部分でもあるので、申込時はしっかりとチェックしておくことが大切です。また、土日でも審査を行っている会社を見つけることができると、その会社へ何時までに申し込めばよいのか、申込時間もセットで確認しておくことが必要なので覚えておくと良いです。

最短1時間融資でお金を借りました

突然友人から飲み会に誘われ嬉しかったのですが、問題はお金です。
その日は手持ちがなく、会費の5,000円すら捻出できず断るつもりでした。
しかしどうしても参加したかったので、消費者金融の最短1時間融資を受けてお金は用意しました。
消費者金融の最短1時間融資を選んだ理由は、早いことはもちろん収入が不安定な自営業でも借りられるからです。
銀行だと収入が不安定な自営業は難しいですが、消費者金融なら最短1時間融資が可能なのでお金が必要になったらまた利用したいです。
突然お金が必要となり知人にお願いしてみたが、今日中は無理とのこと、何とか工面しなければならず、不安でしたが消費者金融の最短1時間融資を受けることにしました。キャッシングをするには審査が必要でした。今は昔と違いインターネットからの審査申し込みそして契約まで完了ができ周りを気にせずにキャッシングできる便利さに驚きと怖さを感じました。
借入金額が50万以下でしたので所得証明はいらず、コンビニのATMから即利用でき、日曜日の急な入用でしたのでとても重宝しました。
財布を落としてしまって給料日までお金がなく、土曜日でしたがスマホから最短1時間融資を受けました。
最近のキャッシングはWEB完結に対応しているようで、来店せずに振込融資を受けられるようですね。
キャッシングは15年ほど前にも利用していましたが、最近のキャッシングのほうが審査は格段に早くなっています。
必要書類は写真撮影をして送信すればOKなので、ほとんど手間がかかりません。
振込キャッシングの場合は最高50万円までの限度額が設定されていましたが、必要額は10万円だけだったので問題なしでした。

お金借りる