借り換えにおすすめのおまとめローンとは?


借り換えにおすすめのおまとめローン

おまとめローンで借り換えてうまく節約しよう

お金がなにかと必要なことが多く、複数のカードローンを利用しているという人もいるかもしれません。

そういった場合ですと、それぞれのカードローン会社に利子を払わなくてはならないので、返済が大変になっている人も多いのではないかと思います。

そんな時には、おまとめローンで借り換えを利用すれば、返済を楽にすることができます。今までのカードローンを一気にまとめることができるので、余分な利息もかなり節約できることになります。

カードローン会社には、いろいろなタイプがありますから、複数のカードローン会社を比較して、どこのおまとめローンを利用して借り換えをすれば、一番節約が成功するのかを調べてみると良いです。カードローン会社によって、利率も様々に設定されています。

このサイトでは、借り換えをして節約を成功させたいという人たちのために、おまとめローンでの借り換えについて分かりやすく比較しています。検討中の方は是非ご参考ください!

お金を借りるならここ!

※当サイトおすすめ順

お金を借りるならここ!

※当サイトおすすめ順

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
30日間無利息。
インターネットから申込み、来店不要で即日融資可能。
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

モビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
即日融資:平日14:50までの振込手続完了で当日口座振込可(審査結果により不可の場合有)
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

借り換えOKのおまとめローンを利用する前に:任意整理と比較

おまとめローン 任意整理
複数の業者から借入をしている場合は、利息の負担も大きくなってきますので、返済が厳しくなってしまうこともあります。
今の返済では今後が不安という場合は、より楽に返済ができる方法を選んでいきましょう。

借金の返済を楽にしたい場合はおまとめローンへの借り換えや任意整理の利用も検討していきたいところです。

それぞれの特徴をよく比較しておきたいですが、まず、おまとめローンは今ある借金をひとつにまとめて、より低金利のローンに借り換える方法です。
おまとめローンの場合は元金が減っているわけではありませんが、利息の負担は少なくなりますので、毎月の返済や借金の管理がより楽になります。

それから任意整理の場合は、裁判所を通さずに業者と直接交渉して、将来の利息をカットしてもらうなどして、借金を減額していく方法です。過払い金があればそれを取り戻すことができます。
返済はより楽になりますが、債務整理をしたという情報は信用情報に掲載されることとなります。

おまとめローンの借り換えの審査に落ちてしまったら
おまとめローン 借り換え 審査
消費者金融に代表されるカードローンは、便利で気軽にお金を借りられる反面、自分の気づかないうちについつい借りすぎてしまい、毎月の返済額が大きくなってしまうことがあります。

また、複数のカードローンで借金をしている場合、毎月の返済日が異なる上、利息の負担も大きいため、金利の低い「おまとめローン」を使って借金の借り換えをするのがおすすめです。

しかし、借り入れ状況によってはおまとめローンの審査に落ちてしまうことがあります。おまとめローンの審査に落ちた時は、まず自分の借入先がいくつあるかを確認します。

おまとめローンは、何個でも借り換えわけではなく、多くとも4つが限界とされています。

あまりに借入先が多い場合は、審査に落ちる可能性が高くなります。そのような場合は、まず借入先を減らすことが大切です。

限度額に余裕がある借入先からお金を借りて完済するか、親や知人などの個人からお金を借りて完済するなどして借入先を減らさない限り、審査に通るのは難しいでしょう。

よく読まれている記事 【注目!】
必要な時にお金が借りれなくなるかも?即日融資停止?
もしリストラされそうになったら・リストラされるかも
休職の場合の給料はどうなるの?夫がうつ病で休職中
親にお金を借りるときの言い訳・口実

おまとめローンの借り換えと金利

カードローンの金利の特徴は、ご利用上限額が高額になるほど低く設定されており、ご利用上限金額が少額になるほど高金利であることです。

例えば、カードローンの商品概要書にご利用極度額10万円~500万円、金利年17.5%~7.5%と記載されていた場合、審査によって決められたご利用上限額が500万円で契約された方が10万円のキャッシングをしても年7.5%が適用され、ご利用上限額が10万円で契約された方は年17.5%が適用されます。
おまとめローン借り換え金利
おまとめローンは、複数のローンを借り換え負担を少なくすることを目的に設計された金融商品です。

複数の消費者金融から小口資金の借入をしている方は、おまとめローンに借り換えることで、金利負担が軽減出来る可能性があります。

おまとめローンの先駆けは、東京スター銀行ではないでしょうか。また、利用者のニーズと合致しているため、多くの銀行で借り換えに対応出来るカードローンが増えてきました。

おまとめローンの借り換えと総量規制

通常、消費者金融からの借入れは総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借りることができません。複数の消費者金融からの借入れの場合は、それぞれの合計金額が年収の3分の1までとなります。

ところが、おまとめローンの場合は、この総量規制の対象外となるのです。

おまとめローン借り換え 総量規制

これは「顧客に一方的に有利な借り換え」又は、「段階的に債務を減らす借り換え」という総量規制例外貸付条項に該当するからです。

このために複数の消費者金融から年収の3分の1を超える借金をしている状態にあるなら、おまとめローンに借り換えたほうが有利です。

ところで、なぜおまとめローンが総量規制例外貸付条項に該当するのかと言うと、借金を一本化することによって、煩雑だった借金を整理することができ、なおかつ金利も低くなることで、返済総額を抑えることができるようになるからです。

そして、何よりも精神的にいろいろな金融会社から追い立てられるよりも、一社だけのほうが楽になります。

おまとめローンの借り換えの審査に落ちてしまったら

消費者金融に代表されるカードローンは、便利で気軽にお金を借りられる反面、自分の気づかないうちについつい借りすぎてしまい、毎月の返済額が大きくなってしまうことがあります。

また、複数のカードローンで借金をしている場合、毎月の返済日が異なる上、利息の負担も大きいため、金利の低い「おまとめローン」を使って借金の借り換えをするのがおすすめです
おまとめローン借り換え審査

しかし、借り入れ状況によってはおまとめローンの審査に落ちてしまうことがあります。おまとめローンの審査に落ちた時は、まず自分の借入先がいくつあるかを確認します。

おまとめローンは、何個でも借り換えわけではなく、多くとも4つが限界とされていますあまりに借入先が多い場合は、審査に落ちる可能性が高くなります。

そのような場合は、まず借入先を減らすことが大切です。限度額に余裕がある借入先からお金を借りて完済するか、親や知人などの個人からお金を借りて完済するなどして借入先を減らさない限り、審査に通るのは難しいでしょう。

おまとめローンの借り換えと返済期間

消費者金融やクレジットカード会社で利用することが出来るキャッシングは手軽に審査申し込みが出来すぐに必要なお金を工面することが出来るので多くの人が急にお金が必要になったときに利用しています

中にはすぐに利用することが出来、複数の消費者金融などから借り入れを行っているような人もおります
おまとめローン 返済期間
しかし、複数の消費者金融やカードローン会社から借り入れを行っている場合、返済期間が複数になってしまい、自己管理が大変になるのでおまとめローンを利用して借り換えを行い、ひとつのローンにまとめてしまったほうが返済期間を管理しやすくなるでしょう。

色々な消費者金融から少しずつ借り入れをしているよりもひとつのおまとめローンに借り換えをしたほうが、金利なども安くすることが出来るでしょう。

管理面だけではなく、手間もおまとめローンを利用したほうが省くことが出来るというメリットもあります

おまとめローンで返済期間を一まとめにするのが賢いやり方だといえます。

おまとめローンの借り換えと遅延損害金

消費者金融に代表されるカードローンは、カードさえあれば気軽にお金が借りられる反面、他のローンに比べて金利が高めに設定されているため、借金が増えれば増えるほど毎月の返済額に占める利息の額も大きくなります。そのため、借金の額が大きくなるにつれて、毎月地道に返済しても元本がなかなか減らなくなります。

また、返済が一日でも遅れてしまうと、その日から遅延損害筋も発生し、返済の負担が更に増大します。

おまとめローン借り換え 遅延損害金

そのような事態に陥る前に、「おまとめローン」と呼ばれるローンを使って借り換えを行うのがおすすめです。

金利の低いローンに借り換えることで、毎月の返済額に占める利息の額を減らし、確実に借金を減らしていくことが出来ます。複数の借金がある人の場合も、おまとめローンを使って借金を一つにまとめることで、毎月の返済額を低減出来ます。

ただし、おまとめローンはあくまで借金の借り換えに過ぎず、決して借金が帳消しになるわけではありません。

借り換えを行った後も万が一返済が遅れた場合は、消費者金融同様に遅延損害筋がかかるため、十分注意して下さい。

おまとめローンの借り換えと借入限度額

消費者金融や銀行のカードローンは、カードで簡単にお金を借りられる反面、その気軽さからついつい借入限度額いっぱいまで借りてしまい、毎月の返済額が大きな負担となるが多くあります。

カードローンは、一般的なローンと比べて金利が高めに設定されているため、借入額が大きくなるとその分かかる利息も増えていきます
おまとめローン借り換え 借入限度額
借入だけでなく、利息の負担も大きくなるため、返済の負担を低減するために「おまとめローン」を使って早めに借り換えを行うのがおすすめです

おまとめローンの金利はカードローンより低めに抑えられているため、返済時にかかる利息の負担を低減することが出来ます。

また、借り換えを行うことによって、複数の借金を一本化出来るため、毎月バラバラの返済日を一つにまとめることも出来ます。

おまとめローンには明確な「借入限度額」は設定されていませんが、あまりに多くの借入先がある場合は審査に落ちる場合があります。

また、過去に延滞などがある場合も、審査に落ちる可能性が高くなります。

▲ページトップに戻る