1. TOP
  2. 中小企業必見!低金利のビジネスローンが喜ばれるワケ

中小企業必見!低金利のビジネスローンが喜ばれるワケ

中小企業必見!低金利のビジネスローンが喜ばれるワケ 

中小企業がお金を借りるなら

日常生活を行う上でも、必要になるのがお金です。

昨今においては中小零細企業を営む人にとっては、朗報ともいえる話題が取り沙汰されてきています。

それは、ビジネスローンの低金利がクローズアップされてきています。

昔を振り返ってみれば、中小企業向けの融資はとてつもない金利の高さが横行しており多くの経営者を苦しめていたという実態もありました。

しかしながら、昨今においては、概ね、低金利のビジネスローンを展開する金融機関が増えてきており、話題を集めています。

今般、融資を手掛ける業者の間にも業界再編の波が起こっており、より信頼性が高まっているという実態があります。

この一連の動きについては、融資を受けるとする側にとっては、有利な状況になったといえます。

むろん、ビジネスローンを受けた側にとってみれば、返済に追われるということは、いうまでもありません。

しっかりとした返済を積み重ねていくことで信用を勝ち取りたいものです。

ビジネスローン審査

ビジネスローンで審査が通りやすくなるポイント

会社を運営していくためには、莫大な費用が必要となりますので、その資金調達方法の一つとしてビジネスローンがあります。
ビジネスローン審査

ビジネスローンは、無担保で最短即日融資が可能であることや第三者の保証人が必要ないことなどのメリットが大きいものですが、メリットが大きいというとこはそれなりに審査が厳重なものでもあるということです。

そのため、ビジネスローンの審査を受ける前には通りやすくなるポイントをしっかり把握しておくことが重要です。

金融機関によって基準は多少違いますが、基本的にはきちんと返済能力があるのかどうかを最も重点的に確認されますので、3年以上の業務実績、黒字決算、税金などの各種滞納がないことは外せないポイントです。

また将来的な事業計画が明確であり、利益を上げ続けることが出来るという判断がしやすいというもの大切でしょう。

またビジネスローンの審査には、通りやすい時期というものがあります。

それは金融機関の決算期である3月と9月、また新規顧客が減る6月と12月です。

より確実にビジネスローンの利用をはじめたいのであれば、上記のポイントを踏まえた上で申し込む時期にも気を付けるとよいでしょう。

事業者ローン;個人事業主のビジネスローン

事業者ローン


資金繰りに困り、急にお金が必要となったり、キャッシュフローが回らなくなるなど事業者の悩みの1つであるビジネスローン・事業者ローンについて紹介します。

事業者ローン 注意点

事業者ローン 注意点

どこが注意点?初心者が知っておきたい事業者ローンのポイント

初心者の方が注意点として覚えておかなければならない事業者ローンの内容はやはり申込み内容に関する事と返済に関する事の2点です。

事業者ローンの申し込みに関しては申込条件をしっかりとみておくことが基本であり、これは各社によって内容が若干違います。

特に注目をしておくべきポイントは申し込みをする際にどのような書類が必要となってくるのかを確認しておくことです。

返済に関しては金利がポイントになってくるので、金利はしっかりと比較をするなどして、自分が事業者ローンを返済しやすい金融会社を選んでおく必要があります。

事業者ローンで大きな金額を借りる予定なら、審査に通ることができると希望通りに大きな融資を手に入れることが可能ですが、金額が大きくなるほど返済が困難になってくることは間違いありません。

自分の収入とのバランスを常に考えながら返済計画を進めていかなければ、借金苦になることもありえるのでしっかりとこの点は覚えておきましょう。

個人事業主 ビジネスカード

個人事業主ならビジネスカードが手軽?法人カードローンのメリット

個人事業主の方の中には自分で会社を設立している人もいると思いますが、そんな状況でローンを検討しているならビジネスカードがおすすめです。

個人事業主にとって法人カードローンにはどのようなメリットがあるのかと言うと、これは経費の管理が簡単になること、利用する会社によっては通常のカードローンとは違った特典を活用出来るなど、細かいところをピックアップすると色々なメリットがあります。

会社員としてどこかの会社で働いている人でも、重要な役職に就いている場合はこうしたビジネスカードを持たされることがあります。

持つことが出来ると何かと都合が良くなるものです。

一般的に通常の融資との違いをはっきりと理解していない人は多いものですが、これは単純に考えて会社としてお金を借りるのか、個人としてお金を借りるのかの違いなので、あまり複雑に考える必要はありません。

申込をする時にしっかりとメリットについて質問すると把握しておくことが出来ます。
個人事業主 ビジネスカード

無担保 ビジネスローン

資金繰りが苦しいときこそ学んでおきたい!無担保のビジネスローン

ビジネスローンは金融機関や貸金業者が提供している事業用途向けの小口融資で、個人はもちろん法人も利用できるローン商品です。

ビジネスローンの特徴としては、審査が速く業者によっては即日の融資を受けることも可能という点です。

一方で金利は高めに設定されており、貸金業者などの場合には法定金利の上限一杯まで設定されるのが一般的です。
金融機関でも高い金利が適用されるため、長期間融資を受けるには不向きです。

しかしビジネスローンでは、通常の事業向けの融資とは異なり、無担保と無保証人で利用することができるといった大きなメリットがあります。

また、ビジネスローンではあらかじめ設定しておいた融資金額の枠内であればいつでも資金を用立てることができるといった特徴があり、資金繰りに困ったさいのつなぎの融資に最適です。

このためビジネスローンは、長期間の借り入れを行うものではなく短期の借り入れに適しているローン商品といえます。

ビジネスローン 赤字

赤字でも借り入れできる?ビジネスローンの借り方

ビジネスローンは、会社の経営が赤字の場合、金融機関から借りたお金を返す当てがない会社であると判断されるため、審査に通ることが非常に難しくなります。

しかし、必ずしも可能性がないわけではありません。

なぜなら、赤字であっても会社の利益がないというわけではないからです。

どういうことかというと、会社は不動産や必要設備などの資産を購入した場合、原価滅却費を計上します。

これはすでにお金の支払いが済んでいるものですが、損益計算書では経費として計上しなければいけないため、一時的に赤字決算となってしまうことがあります。

ただこの場合、手持ちのお金が新たに出ていくことはないため、この差額が会社の利益となるのです。

このようなケースであれば、ビジネスローンの審査時にきちんと判断されるため、借り入れを行うことが出来る可能性が高くなります。
ですので、経常利益がマイナスの時の借り方として重要なことは滅却前利益を黒字にすることです。
ビジネスローン 金利

個人事業主 ビジネスローン 金利

個人事業主がローンをするときの金利とは?

個人事業主が事業拡大のための資金や、従業員への給料、設備費用など事業に関係する資金を用意する目的で融資を受けるにはビジネスローンの利用が便利です。

ビジネスローンの種類には、日本政策金融公庫などの政府系金融機関、銀行、消費者金融などが販売するものというように種類があり金利をはじめとした商品の特徴も様々です。

日本政策金融公庫、銀行の商品の最大の特徴として、金利が低いということがあげられます。しかし必要書類も多く審査に時間がかかる傾向があるため融資を受けるまでに余裕を持って申込みする必要があります。

また事業をはじめたばかりの個人事業主の場合には、担保や連帯保証人を要求されることもあります。

消費者金融系のビジネスローンは、金利が銀行の商品と比べて高くなってしまうケースが多いですが、必要書類も少なく審査スピードも最短で当日中に融資を受けることができるので、すぐに融資を受けたいという状況の時にはとても便利です。

\ SNSでシェアしよう! /

【お金借りる】お金を借りる@初心者にも分かりやすくまとめましたの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【お金借りる】お金を借りる@初心者にも分かりやすくまとめましたの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 個人事業主

    赤字の自営業・個人事業主はお金を借りれらますか?限度額はある?急な予定納税にお金がない!