休職の場合の給料はどうなるの?夫がうつ病で休職中ですがうつ病でお金がもらえる保険

うつ病の夫の給料夫がうつ病で休職中

うつ病での長期休業は、昨今では非常に増えています。

となると、給料問題は気になるところだと思います。

そこで、今回は、休職をする場合のお金問題について紹介します。

夫のうつ病

うちの旦那はうつ病闘病記
昔から仕事一筋の旦那に異変が起きたのは、旦那の一言

旦那「転職しようかなぁ・・・」

当初は、

私「あなたの意思に任せるわ」

と、何も思わず、他愛もない会話でした。

それから半年後、

  • 夜は眠られない
  • そわそわする

など、傍から見ていておかしいかな?
という症状が見えたときに、旦那から

旦那「うつ病で休職を診断された」

ということを聞きました。

今まで家では無理して平然を装っていたのだと思います。

その日から夫婦で協力し、このうつ病との闘いがはじまったのです。

そこで考えたことを羅列すると

  • 休職にかかるお金のこと
  • 休職でいいのか?転職を変える転職がいいのか?
  • いざの時のお金の一時借入準備
  • 旦那との関わり方(セックスレス解消など)

など。

うつ病や発達障害など
障害がある方の就職と定着を支援する施設【ニューロワークス】
ニューロワークスは就職スキルだけでなく脳の健康についても学ぶ、障害者のための就労移行支援。
脳の健康に良い生活習慣を身につけてることで、能力・スキルを発揮しやすい環境を整え自分らしく働き続ける事をサポートしてくれます。

*少しでも気になる方、見学申込をオススメします。
選択肢の1つとして、早いことに越したことはありません。

夫のうつ病で休職の給料について

休職におけるお金の種類

休職中にもらえるお金ですが、

  • 給料
  • 休業補償
  • 傷病手当

の3つに分かれます。

休職 給料

給料

一つ目の給料についてですが、これに関しては、会社によって違い、法的に縛りがあるわけではありません。

よって、万人に対応する項目でない為、自社の就業規則、賃金規定を確認してくださいとしか言いようがありません。

休業補償・労災

次の休業補償は、一般的には労災といわれるもので業務遂行中におきた事故等が原因で働くことが出来ず休職状態になったときに支払われるものです。

給料満額を支給されるものではありませんし、労災との認定を得る必要があるため一定の壁、障害は存在します。

申請したら翌日からもらえるなんて簡単なものではありません。

但し、業務中のことが原因での休職ですので支給される場合の割合は手厚く8割程度を目安と計算してよいでしょう。

申請についての注意したいことは、後で紹介します。

傷病手当

最後に傷病手当ですが、こちらは労災以外又は、業務時間外の原因での休職に対する保障の制度です。

言い方は悪いですが、業務時間外ということは遊んでいるとき等も含まれるわけで自己責任の割合が高くなる分支給割合は一番低く66%程度を考えるとよいでしょう。

休職中 ボーナス

うつ病の夫が休職中ですが、傷病手当金はどうなるの?

最近では精神的な不調から会社を休職せざるえない場合があります。

特にうつ病がそれです。

うつは精神疾患の一つですので休職中には健康保険の傷病手当が支給されます。

この金額は、
健康保険料の算定の基礎とな標準報酬月額を30で割ったものを1日あたりの基準の金額としてそれに3分の2をかけたものを手当として支給します。

そして発症して休職に至った日から3日連続した待機期間をとってのち、4日から起算して1年6か月の間支給されます。

ここで注意なのは、いくら休職中の期間が長くなって1年6か月以上となったときにはそれ以上には傷病手当は支給されないということで場合によっては無給となります。

BUT しかしうつ病では休職中の期間が長くなるのが一般なので、会社もそれほど長く猶予してくれないこともあります。

そこで、うつ病の原因が会社であるということを証明できれば、傷病手当ではなく、労災となりますので、保証の幅が広がります。

うつ病 労災

休職中はボーナスが出るの?

給料と同じようにボーナスは、生活において欠かせないものです。

旦那さんがウツ病で休職となると、
お金の心配、その中でもボーナスが出るのか?出ないのか?気になるところでしょう。

ボーナスの位置づけは、一般的に、一定期間内の貢献度に応じて支給されるものですが、
休職中でも基本的にボーナスは支給されるものの、裁量は企業に委ねられるので確実的なことは明らかではありません。

よって、就業規則など休職中にまつわる取り決めの理解を深めておくことが重要です。

休職の時に考えたい手段

上記のように休職中の給料は、勤めていた会社に左右されると言わざるを得ません。

休職期間を終え、復職しても会社になじめるか?

これはその時にならないと分かりません。

旦那さんが、休職となると気が気ではないでしょう。

妻として何ができるか?
看病が中心でしょう。
夫婦チカラを合わせて、復帰までの道のりを寄り添うということでしょう。

うつ病の場合は、
会社での環境が精神不安定をまねていることも少なくありません。
よって、会社を辞め、新しい環境を提案も1つかもしれません。

もちろん、生活に関わるお金の問題もありますが、健康はお金で買えないとも言われます。

旦那さんは、自分から会社を辞めるということは一家の主の立場としては言えないでしょうから、その重荷を取ってあげられるのが奥さんの仕事かもしれません。

とはいえ、住宅ローンや生活費など、必要最低限のお金の確保は必要ですから
退職金の確認や当面のお金のこと、再就職等の準備はしておく必要はありますね。

いざという時の為の準備

ウツ病は、環境が変わることで改善が多々あります。

男性の場合、仕事関係のストレスからウツになることも多いため、転職を促すというのが最良の手段でもありますが、そこにはいくつものハードルがあります。

  • 新しい仕事がすぐに見つかるのか?
  • 仕事が見つかるまでの間、お金は持つか?

そこでえ、いざという時の為のアイデアを1つ紹介します。

旦那さんが休職中であっても、社会的にはサラリーマンです。
会社を辞める前に、キャッシングのカード申し込みだけ行っておくことをオススメします。

万が一、お金が必要になったとき、無職の場合、どこからもお金を借りることができません。

キャッシングの審査も無職では通りませんので、キャッシングのカード発行だけでもしておきたいですね。

《私ならこう考えます。》
お金の借り方は人それぞれですが、私ならちょっと厳しいかな?っと感じた時に先に申し込みを済ませておきます。
心に余裕があるうちに申し込みしておくことで、仮にピンチにならなかったラッキーと考えられます。

ちなみに

  • 利用限度額が50万円を超えない場合
  • 利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を未満の場合

収入証明は不必要なので、免許証の表裏の写メを取って準備完了です。

キャッシングの申し込みならここ!

土日・24時間申し込み可能!
・安心できる所でお金を借りたい!
・申し込み、即お金を借りる必要なし!
※当サイトおすすめ順
審査に心配がある場合は、すべてに申し込みがおすすめです!

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
はじめての方なら最大30日間利息0円。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:最大800万円
インターネットから申込み、来店不要で即日融資も可能。
※お申込みの時間帯により翌日以降になる可能性があります

《借入れまでの流れ》

    • ①登録フォームより申込みのにち、仮審査の判定結果メールが届きます

②本人確認書類(免許書・保険証・パスポートなど)を提出(スマホで撮影して添付等)

③本審査結果メール「ご融資可能」で借入れ可能

申込はこちらから

アイフル お金の借り方


アコム

アコム
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで
24時間ネットでお申し込みが可能で、最短即日お借入いただけます。
また、営業時間内であれば最短30分で審査回答!
*20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
アコム お金の借り方


SMBCモビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで
即日融資:即日融資も可能!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降になる場合があります。(審査結果により不可の場合有)
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
モビット お金の借り方


関連記事:もしリストラされそうになったら・・・・

生活保護を受ける場合

休職中では生活保護を受けることはできませんが、症状が安定せず、職も決まらない状況となると生活保護も検討になるでしょう。
うつ病の場合、診断書を用意し申請で生活保護を受けられることは可能です。
次回、詳しく紹介したいとおもいます。

うつ病の夫の妻の体験談

夫名義でカードローンの申込をしました

夫がうつ病で仕事にいけなくなり、Yahoo知恵袋やOK-webなどでいろいろ調べたところ知恵袋でこれはという情報を入手しました。
そこで夫名義でカードローンの申込をしました、休職中とはいえ社員だったのでスムーズに発行できました
夫がうつ病になり仕事に行けなくなりました。
病気理由ですので給与は支給されますが若干減少になります。今後のことの含めると不安もありますので、万が一の際にはお金を借りることがでいるように念のために夫名義でカードローンの申込むことにしました。
申し込んだのは、webから申込めるカードローンです。夫がうつ病ということで審査などに不安もありましたが、申込から1時間ほどで契約までスムーズに完了ができました。
利用限度額は50万円です。おそらくは勤務先へ確認の電話もあったのではと思われますが、休職中とはいえ社員であるので何の問題もなかったようです。
すぐい利用するつもりもありませんので、カードは郵送で送ってもらうことにしました。

ボーナスカットのためにお金をかりました:知恵袋

夫の休職中はボーナスは支給されないことを知り知恵袋の情報からキャッシングでお金を借りました
夫が仕事中に怪我を負ってしまい、仕事どころか日々の生活もままならなくなりました。
休職中はボーナスを受け取ることができず、保険金も少なかったので金融機関からキャッシングを受けることにしました。
幸いにも夫は退院の目処が立っており、後に返済能力を回復できるとみなされたため無事にお金を借りることができました。
我が家はそれほど日常的な出費が多いわけではありませんでしたが、当時は娘の学費を払わなければならない時期だったので大いに助かりました。
今ではそのキャッシングの分の返済が完了し、何の問題もなく日々の生活を送ることができています。住宅ローンや自動車ローン以外でキャッシングを受けたのは初めてでしたが、利用して良かったです。

【労災】うつ病で会社を休職、責任を会社に追求したい

うつ病というのは誰でもなる可能性があるものです。

精神的に強いと言われているような人でも仕事のストレスから通勤が困難になり、休職に追いこまれるようなこともあるでしょう。

いったん休職してしまうとまた同じ会社に復帰するのに勇気が必要になりますし、

また同じ職場の人の理解と言うのも必要になってくるので、普通の日常を取り戻すのにも苦労してしまうでしょう。

そしてうつ病になって休職しているような時は、傷病手当となりお給料も満額出ないことは紹介しました。

ですから会社の仕事が原因でうつ病になってしまったような時は、会社に責任追及をしたいところです。

会社に責任追及するにも証明などが必要ですから、
過度な残業があったのであれば過度な残業を証明するタイムカードや勤務表などを証拠として提出するようにもしましょう。

また、うつ病により精神科への通院が必要になっているのであれば、精神科の診断書なども証明になります。

診断書や残業の証明書などは誰が見てもわかるものですから、責任追及にもつかえます。

自分で話して伝えるようだと伝え方によってニュアンスも違ってきてしまいますが、書面であれば誰に対しても同じものを提出できて良いです。

ウツの発症が私病ではなく、業務からくるものであれば労災になる可能性もあり、労災給付では健康保険の傷病手当のように1年6か月で打ち切りというものでなく、仕事ができない状況になり障害年金の認定があればその障害の状況が緩和されない限り給付金を貰い続けることも可能です。

ただし労災の認定には、専門家の協力も必要ですし、また、認定自体難しいとも容易ではないため、認められない時のことも頭に入れておきたいところです。

災害時にお金を借りる

大きな災害が続いている中で、さまざまな保険に注目が集まっています。

とくに災害では

  • 「預金が引き出せない」
  • 「保険はどこまで補償するのだろう」
  • お金を借りることもできない

という話をよく聞きます。
今回は、災害(天災・自身)に備える一つの手段としての「生命保険」の魅力についてお話しします。

災害直後は預金はあてにならない!

災害がおきると、地域一帯のすべてが止まります。

一般家庭ならば、電気やガスや水道といったライフラインが止まり、日常生活に支障が出るでしょう。

それと同様に、銀行も電気が止まれば日常業務のすべてが止まります。

預金の引き出しを行う場合は、コンピューターで預金口座にアクセスして、残高を確認できなければ引き出すことはできません。

BUT しかし電気が止まってしまえば残高確認そころか、預金口座へのアクセスすらできなくなってしまうのです。

In short つまり災害直後に預金はあてにならないのです。

機能停止

災害直後は、スーパーなどの小売店も一時的に機能が止まります。

BUT しかし顧客や人々の生活のために、いち早くオープンする店もあるのです。

お金を持っている人は、必要なものを買うことができます。

災害直後のお金とは、もちろん現金のことです。

電気が止まっている中でクレジットカードやデビットカードは使用できません。

災害直後は「現金がたより」ということは原則です。

災害時 保険

電気が復旧しても日常生活を取り戻すためにはお金がかかる

東日本大震災(地震)がおきた日は3月11日でした。

学校の入学試験が終わり、合格通知を手にした直後におきた大災害でした。

家をなくした人は、新たな生活準備に莫大なお金が必要になり、一部損壊であっても予定外の出費は避けることができません。

そのうえ、大学の入学金や授業料の支払いが重なっては、予定外の想定外のお金が必要となり、せっかく合格した大学や学校の入学を諦めなくてはならない人もいたのです。

預金がたくさんあった人は、預金を引き出して使うことができます。

貯金にも限度

しかし一般家庭の預金は限度があります。

とくに大黒柱をなくした家庭は、入学金どころの話ではないかもしれません。

BUT しかし悲しい中でも将来の生活や未来の可能性までもなくしてしまっては悲しすぎて、立ち上がる気力もなくしてしまうでしょう。

そんなときこそ、将来の力になるためのお金は使いたいものです。

生命保険は、万が一に備える保険です。

「万が一のときに大きなお金が入る」という金額だけの問題ではなく、お金が手に届くまでの期間が短いことも大きなメリットなのです。

東日本大震災がおきたのは3月11日でした。

入学金の振込期限まで時間がない中で、生命保険に加入していた人の多くは、振込期限に間に合って保険金を手にし、入学金の振込をができたのです。

学校によっては、特別に振込期限を延ばしたところもありました。

BUT しかし今度おきる災害でも特例や例外があるとは限りません。

できる準備をしておくことで、余計な心配をする必要がなくなるのではないでしょうか。

災害時 キャッシング

生命保険会社は命にかける保険だけではない!

ケガや病気をしてしまったときにこそ保険がいきるワケ

生命保険は万が一のときに残された家族を救います。

大きな災害のときには義援金もたよりになりますが、被災者の手に届いて使えるようになるまでには相当の時間がかかるのです。

災害ときには、ケガによって働けなくなるリスクがあります。

会社員の人は、傷病手当金や失業保険をあてにができるかもしれません。

BUT しかしどんどん増えているフリーランスの人は失業手当や傷病手当金をもらえないことが多いのです。

In short つまり災害でケガをしてしまい働けなくなってしまったとき、会社員の人は働けない期間も収入はありますが、フリーランスの人は働けなくなったその日から無収入になってしまいます。

保険会社では所得補償保険をいう商品も扱っています。

フリーランスの人や失業保険と傷病手当金など働けなくなったときの収入源が確保できない人は、日頃から「働けなくなった日」に備えた保険に加入しておくことも大切なことなのです。

ご存知の人も多いと思いますが、
命にかける保険だけでなく、働けなくなったときの保険や介護の保険など、さまざまな種類の保険が誕生しています。

預金だけで十分なお金を準備は大変です。

生命保険はもちろんですが、
いざというときに、お金を借りる手段を用意しておくといいでしょう。

キャッシングが生活を救うことも

災害が起きたとき、復旧までに時間がかかるのはイメージが沸くと思います。

BUT しかし完全に復旧するまでは、数ヶ月、数年かかります。

保険に入ったとしていても、保険金が支払われるまでは時間がかかります。

災害の認定を証明し、それに関しての手続きを行う必要がありますし、不備があればMoreover さらに時間がかかります。

そこで、キャッシングの申込だけしておけば、その短期の期間、借入でまかなうことはできます。

最近のキャッシングは、カードレスでスマホで所定の銀行に振込を行うことが可能です。

多くの人は、財布に銀行のカードを入れていると思いますので、スマホで銀行に送金で、容易に銀行から引き出すことができます。

災害が起きてからのキャッシングの申込の場合、収入の証明などの必要書類が集まれば、即日で借入ができますが、実際難しいと思います。

保険とキャッシングの申込を上手に活用で、万が一に備えることもできるのではないでしょうか。

病気で休職中の夫が心配

私は専業主婦ですが、夫が病気で休職中です

仕事人間だった夫が、45歳を過ぎ体調を崩し、病院か良いが増え、ここ2週間ほど休職中です。

会社からは最低限の保障がされるようですが、やはり、この先心配です。

肉体的、精神的な苦痛を伴う病気のようで完治するかどうか?は分からないこと。

私もパート務めはしていますが、やはり、主人が元気でないのは心配です。

それとともに、今後のこと、お金のこと、老後のことが心配です

そんなときに、友人から聞いた話が、
サラリーマンのうちに身分の証明できることを済ませておくこと。

無職になると、社気的地位が下がるだけでなく、審査はなにも通らない。

たとえば、急な出費でお金を借りようと思ったときに、どこからも借りれないということ。

もう少し経つと、教育資金も必要になる。
そのときに、どこからも借りれないのは大変。

今は必要ないかもしれないけど、夫はサラリーマンであるうちに、カードローンの発行、クレジットカードの発行はしておきました。
銀行系のカードローンとかアコム、プロミス、モビットなど。

夫には1日も早く元気になってほしいけど、いつ会社から何を言われるか?分からないし、保険の1つとして絶対ありだと思いました。

サラリーマンは社会的な保障がある、無職は全てを失う・・・これがすべてですね。

用途にあわせて、カードローンの申込みができるからオススメです。
旦那に収入があれば、主婦名義でもカード発行が可能なので、内緒で作っておくのもいいかもしれません。