1. TOP
  2. カードローンでお金を借りるときの気になる限度額について

カードローンでお金を借りるときの気になる限度額について

限度額を考えてえらぶおすすめのカードローンとは

当サイトはカードローンの限度額について詳しく記載しており、オススメな借入先を紹介しております。
総量規制の関係で、限度額の金額というのは年収の3分の1以下とほぼ決められています。契約者の勤務状況などによっても限度額は変わってきます。ですのでカードローンを利用する際に、大きな金額が必要であれば、銀行系のカードローンをお勧めします。銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっており、契約者が年収の3分の1以上の借り入れがあった場合でもさらに追加でキャッシングを行うことができるのです。なおかつ、銀行系のカードローンは他の消費者金融系などのカードローンと比べて金利が低く設定されているので、大きな金額を借りるにはうってつけです。ただし、銀行からお金を借りるためにはそれなりの厳しい審査が待っています。ただし、銀行系でもネット銀行に関しては、現在個人への融資を増やす傾向にあるので比較的審査に通りやすいと口コミなどでも話題になっています。

お金を借りるならここ!


土日でも借り入れ可能!!

  • なるべく早く借りたい!

  • 安心できる所でお金を借りたい!

  • 他社ご利用の方でも審査可能!!
    *お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

  • 申し込み、即お金を借りる必要なし!



※当サイトおすすめ順

アイフル


アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
30日間無利息。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:最大800万円
インターネットから申込み、来店不要で即日融資可能。
アイフル お金の借り方

SMBCモビット


モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
即日融資:平日14:50までの振込手続完了で当日口座振込可(審査結果により不可の場合有)
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
モビット お金の借り方


カードローンの限度額の決まり方

カードローンの限度額の決まり方について
キャッシングの利用限度額は会社によってことなります。しかし、誰もが同じ限度額で借入ができるわけではありません。
大手のカードローン会社では上限が500万円から800万円であることがほとんどです。また、消費者金融では300万から500万円が相場です。
カードローンの限度額の基準の決まり方は、申込みをした人の返済能力に応じます。
その基準となるのは、年収や勤務先、勤続年数がどれくらいか、居住の状況、ほかの会社から借り入れが他にあるかどうかなどです。決まり方としては、当然年収が多いほうが借入額も大きくなり、上場企業や公官庁の大手であればあるほど、持ち家があるなどの状況で大きくなります。
カードローンでは、はじめて申込みをするときには、最高額を貸してくれるとは限りません。これは、その人が貸したら返すという履歴がないためです。しかし、履歴を残して、しっかりと返済をしている場合には、借入額もアップしてきます。

限度額の決まり方

カードローンの審査と限度額
カードローンの審査と限度額については決まりなどがあります。
有名な話ですが、「過去に誰か知人の連帯保証人などになってしまい
その方が、お金を返済出来なかった、そのため自分自身が連帯保証人として
お金を払うことになってしまったが、自分も払えなかった」
このようなケースの場合には、カードローンのクレジット会社に
ブラックリストとして登録されてしまっています。
そのため、この方の場合には連帯保証人となった人も
クレジットカードを使うことが出来ません。
そのため、審査が通りません。
カードローンには、厳しい審査があります。
限度額ですが、おおよそ、10万円が最低の限度額のところが多いです。
また、審査の際には「預貯金がいくらあるのか?」や「借金があるのか、ないのか」
また「安定した職業についているのか?」「それとも安定した職業についていないのか?」など
職業で判断されることも、審査の一つです。

公務員や、医師や弁護士は安定した職のため、審査が通りやすいとされています。

カードローンの限度額と法律

カードローンの限度額と法律との関係とは
人々がお金を借りるための方法はいくつかありますが、その中でも銀行や消費者金融などの金融機関と契約であらかじめ借りることのできる限度額を決めて、その後契約で決めた限度額まで金融機関から発行されたカードを利用して自由にお金を借りることのできるカードローンは多くの人から利用されています。

そして人々がカードローンを利用するにおいてあらかじめ決めておく限度額ですが、無制限に決められるというわけではありません。なぜなら現在においてカードローンを利用するにおいて基本的に年収の3分の1までしか借りることができないという総量規制といわれている法律があるからです。
これは限度額を無制限に定めてしまうとカードローンを利用しすぎてしまい、それによって多重債務に陥ってしまう可能性があるため、これを防止するために法律で規制をすることになりました。

そのため現在カードローンを利用する場合において限度額を無制限に定めることはできません。

カードローンの限度額と年収の関連性とは

カードローンの限度額と年収の関連性とは、銀行からの借り入れの場合は法的な縛りはないので、銀行における独自のルールで貸してくれるかどうかが決まります。しかしながら、消費者金融のカードローンやクレジットカードにおける現金借り入れについては、年収の3分の1を超えて貸してはいけないことになっています。これを総量規制と言っています。消費者金融 ランキング
この総量規制は、一社だけでなくすべての起業からの借り入れに対して該当しますので、たとえば消費者金融2社からの借入であれば、2社分の合計借入額、限度額が年収の3分の1を超えてはいけないということになります。
カードローンなどによる借金のし過ぎでたとえば自殺に追い込まれたり、あるいは家族離散などの悲劇が起きたことに対する反省を踏まえてこの制度は作られたという経緯があります。限度額が年収の3分の1までというところは今後も続くと見られていますので、消費者金融の生き残りは厳しくなってきています。

限度額と年収

カードローンの限度額 最低額

カードローンとは、消費者金融会社で結ぶことができるキャッシングの種類です。
このシステムはキャッシュカードを使用して借り入れから、返済ができるようになっています。
また、その他にも指定した口座への借り入れや指定した口座からの引き落としができるようになっています。
基本的にこのカードローンを契約する時に、申し込む金額には限度額があります。
それは、年収の3分の1までと決められていることから、その限度額よりも低い金額でしか申し込みできません。
また、各消費者金融会社によって最低額も決められています。
カードローンとしては、最低金額は1000円や10000円から借り入れることができます。
この最低額は、各消費者金融会社によって違うので、webサイト上で確認する必要があります。
基本的に限度額までの増額申請はできるので、まずは数万円単位の少額から借り入れて、この返済方式に慣れてから、金額を引き上げていく方法が無理なく返済できる賢い借り方です。

カードローンの限度額を変更

カードローンの限度額を変更する方法としては、まず一番有名な手段としては

クレジットカードのカードローン会社に電話をし、変更を行うというやり方です。

この場合、クレジットカードの裏面に記載されている
カードローン会社の電話番号に電話をし、オペレーターに限度額を変更をしてもらうというやり方です。

しかし、おおよそ、電話出来る時間帯が決まっており、

9時~17時までとさらに平日のみ対応というところが多いです。
休日はやっていないところがほとんどです。

変更の際には、本人確認として「カードを使っている人の郵便番号、住所、名前、生年月日」などが
質問されます。

また、この際にはカードローンの限度額を変更するだけでなく、自分自身のカードの
利用状況なども聞くことができます。

それによって、限度額変更のアドバイスをもらえることもあります。

また、平日のみ対応という場合がほとんどですが
平日でも、お昼の時間帯は、電話が集中していることが多いので
電話をする際には注意が必要です。

キャッシングの限度額

キャッシングの限度額と法律

消費者金融のキャッシングを申し込むと、金融業者ごとの審査を受けることで返済能力の有無の確認が行われます。
金融業者ごとに設定されてある審査基準によって、借り入れが可能であるかどうかや、借り入れ可能な限度額について決められることになります。
金融業者の基準によって決められる利用限度額とは別に、法律によって決められている基準もあります。
消費者金融業者が行っているキャッシングサービスの場合には、貸金業法という法律が適用されることになりますが、貸金業法に定められているルールでは、借り入れの申し込み者の年収の3分の1の範囲内までしか融資を行ってはいけないことになっていて、それを超える金額の融資は法律違反となります。
消費者金融のキャッシングを利用するときには、自分の年収を把握しておいて利用する希望額を依頼することが賢明であると言えるでしょう。
貸し付けのサービスを行っている金融機関によって適用される法律が変わってきます。
銀行が行っている融資サービスの場合には、貸金業法の総量規制の適用対象外となります。

カードローンの限度額とその内容

カードローンには限度額が設定されており年収などから計算される返済能力やこれまでにカードローンなどを利用したときの返済内容などが考慮されカードローン希望者が借り入れできる金額が決定されることになるので必ずしも希望する金額を借りれるわけではありません。
審査内容については、仕事内容やその勤続年数のほか、これまでにカードローンなどで支払い不履行などがないかが調べられます。
信用度が高く限度額が多くなり借り入れ申請が通りやすい例としては、一つの職業に長く勤めている人や大手の企業や公務員など一般的に安定しているといわれている職業で給与水準も高いことなどが信用度が高く審査を審査を通りやすいものといえます。
さらに一戸建ての物件やそれに順ずる価値のあるものを所有していることなども審査にはプラスに評価されます。
このような審査を通過して借り入れが可能になった場合でも初めての借り入れ時には50万円前後の限度額になることが多いようです。

職業は関係ある?カードローンの限度額

カードローンは、急にお金が必要になった時に手軽に申し込みが出来、審査も早いですでとても助かる存在です。
カードローンを申し込む際の条件の一つとして、毎月安定した定期収入がある方で無いと申し込みが出来ません。
銀行でも消費者金融でも、カードローンを利用する際の限度額に年収が影響しますし、年収が多ければ多いほど利用限度額も高くなりますが、年収の安定性が一番重視されます。
消費者金融ならば総量規制の対象になりますので、限度額は年収の3分の1までとなります。
ですから、消費者金融で借り入れをする時は、年収の多い人方が年収が高いほうが返済能力が高いと判断されるので、限度額は大きくなります。
銀行のカードローンの場合には、利用の限度額の審査方法が少し違い、審査を行う時には、職業や年収、他社からの借り入れ状況などを総合して審査されます。
職業に関しては、公務員といった安定した職業の方が評価は高いですが、自営業の個人事業主は評価が低くなります。
安定した職業の方で、年収も高い方が信用の面から考えてカードローンの限度額が大きくなります。

職歴とカードローンの限度額

職歴とカードローンの限度額

職歴とカードローンの限度額は大いに関連性があります。まず、カードローンの限度額には2つあり、1つは総量規制で、もう1つは個人の属性によるものです。総量規制は年収の3分の1までと法律で規定されているのですべての人に共通するものです。個人の属性とは年齢や職業、家族構成などの個人の情報を指します。その中でも最も重視されるのが職業に関するものです。安定な収入があって初めて返済が可能だからです。その時に職歴は必ずチェックされます。もちろん職歴に関しては一つの勤務先で長く勤めていることが重要です。学校を卒業して間もない場合ですと当然給料は低いです。また、転職を繰り返している場合ですと、これまた給料は低い場合が多いです。まれにステップアップして給料が上がる場合もありますが、次の職に就くまでに無職の期間が生まれたりすれば生活費が乏しくなる可能性もあります。ですから、カードローンの審査においては必ず職歴がチェックされるのです。

関連記事

  • NO IMAGE

    家族にばれないキャッシングの注意点:無意識に金遣いが荒くなる

  • 災害 お金借りる

    災害がおきてからでは遅い【生命保険】災害後の家族を守るなら「貯金よりも生命保険」がいい理由はこれだ

  • 携帯代金滞納

    携帯代金滞納の場合、何ヶ月使える?スマホゲーム課金に驚き!!スマホ料金を安くする方法

  • NO IMAGE

    プロミスでキャッシング時に行う在籍確認とは

  • カードローン金利比較

    お金を借りる時に気になるカードローン金利比較

  • キャッシングのカードを作らなくてもお金を借りる方法

    キャッシングのカードを作らなくてもお金を借りる方法(土日もOK・初心者向け)