まだお金借りたことないけど・・・初めてのキャッシングは不安があるのは当たり前

コロナウイルス肺炎の自粛、緊急事態宣言で

飲食店は営業時間が限定され、多くの企業はテレワークという新しい社会環境・習慣となりました。
その期間、基本的に不要不急の外出は制限され、経済が止まりました。
外国人観光客が止まった上に、国内観光客もストップ
旅行会社・ホテル・旅館だけでなく、交通機関(電車)や航空会社も大打撃となりました。

最近のニュースでは
5月の訪日外国人客は、前年同月比99.9%減の1700人。
4月の2900人よりも少なく過去最少というニュースも流れました。

対岸の火事ではない

以前から本サイトでは、いつ・何が起こるか分からないからこそ、
生活が安定しているうちに、リスク管理をしておきましょう!
ということを紹介しています。
コロナによって経済は止まり、
現状、国や都道府県の助成や給与によって、企業や個店はなんとか守られていますが、企業存続を断念した企業もチラホラ見えてきました。
企業が倒産すれば、
当たり前ですが、社員はリストラという形になります。

会社員という立場であれば、いろいろな保証がありますが、
無職という立場になると、いろいろな不具合が出てきます。

信用力があるうちに

その1つが、信用力

 

お金を借りるために、キャッシングのカードを発行したいと思っても、無職では審査が通りません。

  • 会社が潰れる前
  • リストラされる前
  • 定年前

であれば、何も問題なくカードが作れたものが、コロナによって今後、審査に通らない状況になるかもしれません。

 

キャッシングは、クレジットカードみたいなもので、使った分を返済するシンプルなものです。
はじめての方の場合、最大30日間利息0円なので、クレジットカード払いより得とも言えます。

自分の身は自分で守る

現状、コロナは落ち着き、経済は動き出しましたが、冬になればインフルエンザのように爆発的に感染となるかもしれません。
コロナによって、
自分の身体を守るために手洗い・マスク・ソーシャルディスタンスを身に着けたと思います。
でれば、お金に困った時の一時的な解決手段としてキャッシングのカードを作っておくことをお勧めします。

《このページの”最重要”ポイント》

《私ならこう考えます。》
お金の借り方は人それぞれですが、
心に余裕があるうちに申し込みだけしておくといいと思います。
ちなみに

  • 利用限度額が50万円を超えない場合
  • 利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を未満の場合

収入証明は不必要なので、免許証の表裏の写メを取って準備完了です。

 

お金を借りるならここ!

平日・休日も借入可能!!

24時間申し込み可能!
・なるべく早く借りたい!
・安心できる所でお金を借りたい!
・他社ご利用の方でも審査可能!!
 *お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
・申し込み、即お金を借りる必要なし!
※当サイトおすすめ順
審査に心配がある場合は、すべてに申し込みがおすすめです!

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
はじめての方なら最大30日間利息0円。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:最大800万円
インターネットから申込み、来店不要で最短1時間融資も可能。
※お申込みの時間帯により翌日以降になる可能性があります

《借入れまでの流れ》

  • ①登録フォームより申込みのにち、仮審査の判定結果メールが届きます
  • ②本人確認書類(免許書・保険証・パスポートなど)を提出(スマホで撮影して添付等)

    ③本審査結果メール「ご融資可能」で借入れ可能

申込はこちらから

アイフル お金の借り方


プロミス

プロミス公式
消費者金融のプロミス(PROMISE)はアルバイト、パート、主婦でも借り入れが可能なキャッシング・ローンです。
担保および保証人も必要なくネット審査で融資審査が通れば即日、指定口座へ振込が行われます。
・金利は4.5%から17.8%
・利用限度額 500万円
・審査時間 最短30分程度(ネット上審査の場合)
・融資 即日対応可能
プロミス お金の借り方


アコム

アコム
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
24時間ネットでお申し込みが可能で、最短即日お借入いただけます。
また、営業時間内であれば最短30分で審査回答!
*20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
アコム お金の借り方


SMBCモビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
最短1時間融資:原則24時間いつでも対応可能
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
モビット お金の借り方

初めてのキャッシングお金を借りる不安

初めてお金を借りる

お金を借りるという行為は非常に罪悪感を感じます。
と言うか自分自身を恥じる戒めたくなります

収入の中で生活ができないと言う残念な思い、歯がゆい思い、に苛まれてしまうのが現実です。

今回はお金を借りるということについて、初めてお金を借りる時の心構えを紹介したいと思います。

途中で借金地獄に陥った人の思考も一緒に紹介しますので、心してお金を借りる時の教訓として心に留めていただければと思います。

できればお金借りたくないけど・・・。

お金を借りるにおいて

  • 住宅ローン
  • カーローン

であれば指定の担当者にお願いでイチからすべて資料を揃え、審査まで融資まで行ってくれます。

しかし、キャッシングの場合は、他人に相談もできないため基本的に自分で申し込みをしなくてはいけません。

よって実際申し込むという行為までが非常にハードルが高く、メンタル面でも気持ちの整理をつけるのが難しいのが現状です。

  • 生活費のためにお金を借りる
  • 養育費のためにキャッシングに手を出したり
  • 急な出費によってお金が必要になったり
  • 給料前の補填としてお金を借りたい
  • 今すぐお金が必要なので最短1時間融資に申し込みしたい

など、お金を借りたいという思いは人それぞれでしょう

しかし、即キャッシングの申し込みの行動ができるかといえば
気になること・心配は多々あるのではないかと思います。

初めてお金を借りる

借金とローン:なんとなくニュアンスが違う

日本人は、借金という言葉に非常に敏感です。

不動産や車の場合はどちらかと言うと住宅ローン・カーローンなどローンという言葉で言われますが

生活苦を思わせる”借金”という言葉が定着している以上、自分だけは借金をしたくない、借金生活を送りたくないと思うのは一般的かもしれません。

そんな時に、

      お金が足りない
      人に言えない
      親に頼めない

という状況になれば、消費者金融を比較し、消費者金融カードローンなどで、お金を借りるという選択肢はいの一番目に出てくることかもしれません。

何をするにも最初が肝心と言われます。

同じように最初のハードルをクリアするのは、どんな人間であっても容易ではないかもしれません。

キャッシングでお金を変わる場合もそのハードルを誰しもが経験するものです。

初めてでも、お金を借りるなら早目がいい!

そこで紹介したいお金の借り方は2パターン紹介したいと思います。

  • 万が一のために申込だけしておく
  • 切羽詰って申し込みを行う

同じキャッシングの申込であっても、かなり大きく変わってきます。

万が一のために申込だけしておく

一つは万が一の時のためにキャッシングの申し込みをしておく。
この事に関しては別のページで紹介しているのでそちらを参照していただくといいと思いますが、世の中何が起きるかわかりません。
サラリーマンのうちにカードローンを作っておくことで、仮にリストラされたとしてもそこでお金の工面が楽になります。
リストラされてからでは、カードローンの審査が通りませんのでお金を借りるという窓口すらなくなってしまうのが現実です。

お金を借りる 不安

切羽詰まってお金を借りる

もう一つは切羽詰まってお金を借りなくてはいけないという状況です。

こちらに関しては初めて申し込むという場合を前提として説明しますが、基本的に安定した収入があれば誰でも申し込むことができます。

お金が足りないことによってキャッシングでお金を借りようと思ったら是非即申し込みを薦めたいとおもっています。

躊躇も分かりますが、申し込みだけは早いうちにしておくことは非常に大切なことです。

お金に困るとどうしても、お金を作るために色々な行動、思考など、多くの時間を要します。

時間を要すことで徐々に心に余裕がなくなり冷静に物事が考えられなくなります。

切羽詰まっているだけに、お金を借りた後のことすら想像もできず、借金を返すという思考すら安定して考えることができなくなります。

陥りやすい思考

切羽詰まってお金を借りるとどういうことが起きるでしょうか!?

審査に受かりお金を借りることができるとお金が借りられたことに満足してしまいます。

そして足りなくなったらいつでもお金が借りられるという思いに陥ります。

人によっては第二の財布だと思い借金のことは目をつぶりながらそれ以上にお金を借りるという習慣ができてしまいます。

ということで、
お金が必要だという状況になったら、キャッシングの審査申し込みは少しでも冷静な状況でいられる時に、即申し込みを行い、少額の金額を借り・返せる段階で即借金を返す習慣を身につけることが大事になります。

初めてお金を借りるなら:クレジットカードも借金みたいなもの

考えてみてくださいカードローンやキャッシングでお金を借りたことのない人もクレジット決済はしていませんか!?

クレジット決済はその場ではお金を払わずに、後日まとめて請求される支払い方法になります。

これはキャッシングと変わりありません

冷静にいられる状況だからこそ、クレジット決済で決済ができ、そして返済・引き落としもスムーズに行い生活できているのでないでしょうか!?

今回はお金を借りる時に

  • どういう状況
  • どうゆうメンタル

で借りることが望ましいのかまだお金を借りていない人のためにアドバイスさせていただきました。