1. TOP
  2. まだお金借りたことないけど・・・不安があるのは当たり前

まだお金借りたことないけど・・・不安があるのは当たり前

お金を借りる不安

お金を借りるという行為は非常に罪悪感を感じます。
と言うか自分自身を恥じる戒めたくなります

収入の中で生活ができないと言う残念な思い、歯がゆい思い、に苛まれてしまうのが現実です。

今回はお金を借りるということについて、初めてお金を借りる時の心構えを紹介したいと思います。

途中で借金地獄に陥った人の思考も一緒に紹介しますので、心してお金を借りる時の教訓として心に留めていただければと思います。

できればお金借りたくないけど・・・。

お金を借りるにおいて

  • 住宅ローン
  • カーローン

であれば指定の担当者にお願いすることでイチからすべて資料を揃え、審査まで融資まで行ってくれます。

しかし、キャッシングの場合は、他人に相談することもできないため基本的に自分で申し込みをしなくてはいけません。

よって実際申し込むという行為までが非常にハードルが高く、メンタル面でも気持ちの整理をつけるのが難しいのが現状です。

  • 生活費のためにお金を借りる
  • 養育費のためにキャッシングに手を出したり
  • 急な出費によってお金が必要になったり
  • 給料前の補填としてお金を借りたい
  • 今すぐお金が必要なので即日融資に申し込みしたい

など、お金を借りたいという思いは人それぞれでしょう

しかし、即キャッシングの申し込みの行動ができるかといえば
気になること・心配することは多々あるのではないかと思います。

初めてお金を借りる

借金とローン:なんとなくニュアンスが違う

日本人は、借金という言葉に非常に敏感です。

不動産や車の場合はどちらかと言うと住宅ローン・カーローンなどローンという言葉で言われますが

生活苦を思わせる”借金”という言葉が定着している以上、自分だけは借金をしたくない、借金生活を送りたくないと思うのは一般的かもしれません。

そんな時に、

      お金が足りない
      人に言えない
      親に頼めない

という状況になれば、どうしても消費者金融カードローンなどでお金を借りるという選択肢はいの一番目に出てくることかもしれません。

何をするにも最初が肝心と言われます。

同じように最初のハードルをクリアするのは、どんな人間であっても容易ではないかもしれません。

キャッシングでお金を変わる場合もそのハードルを誰しもが経験するものです。

お金を借りるなら早目がいい!

そこで紹介したいお金の借り方は2パターン紹介したいと思います。

  • 万が一のために申込だけしておく
  • 切羽詰って申し込みを行う

同じキャッシングの申込であっても、かなり大きく変わってきます。

万が一のために申込だけしておく

一つは万が一の時のためにキャッシングの申し込みをしておく。
この事に関しては別のページで紹介しているのでそちらを参照していただくといいと思いますが、世の中何が起きるかわかりません。
サラリーマンのうちにカードローンを作っておくことで、仮にリストラされたとしてもそこでお金の工面が楽になります。
リストラされてからでは、カードローンの審査が通りませんのでお金を借りるという窓口すらなくなってしまうのが現実です。

お金を借りる 不安

切羽詰まってお金を借りる

もう一つは切羽詰まってお金を借りなくてはいけないという状況です。

こちらに関しては初めて申し込むという場合を前提として説明しますが、基本的に安定した収入があれば誰でも申し込むことができます。

お金が足りないことによってキャッシングでお金を借りようと思ったら是非即申し込みを薦めたいとおもっています。

躊躇することも分かりますが、申し込みだけは早いうちにしておくことは非常に大切なことです。

お金に困るとどうしても、お金を作るために色々な行動、思考など、多くの時間を要します。

時間を要すことで徐々に心に余裕がなくなり冷静に物事が考えられなくなります。

切羽詰まっているだけに、お金を借りた後のことすら想像もできず、借金を返すという思考すら安定して考えることができなくなります。

陥りやすい思考

切羽詰まってお金を借りるとどういうことが起きるでしょうか!?

審査に受かりお金を借りることができるとお金が借りられたことに満足してしまいます。

そして足りなくなったらいつでもお金が借りられるという思いに陥ります。

人によっては第二の財布だと思い借金のことは目をつぶりながらそれ以上にお金を借りるという習慣ができてしまいます。

ということで、
お金が必要だという状況になったら、キャッシングの審査申し込みは少しでも冷静な状況でいられる時に、即申し込みを行い、少額の金額を借り・返せる段階で即借金を返す習慣を身につけることが大事になります。

クレジットカードも借金みたいなもの

考えてみてくださいカードローンやキャッシングでお金を借りたことのない人もクレジット決済はしていませんか!?

クレジット決済はその場ではお金を払わずに、後日まとめて請求される支払い方法になります。

これはキャッシングと変わりありません

冷静にいられる状況だからこそ、クレジット決済で決済ができ、そして返済・引き落としもスムーズに行い生活できているのでないでしょうか!?

今回はお金を借りる時に

  • どういう状況
  • どうゆうメンタル

で借りることが望ましいのかまだお金を借りていない人のためにアドバイスさせていただきました。

関連記事

  • お金借りる学生

    未成年の学生がクレジットカードでお金借りる理由とは

  • リストラの可能性

    会社からもしリストラされそうになったら・・退職勧告を受けたら真っ先にすること・もしもの時にために○○をしましょう

  • モビット

    SMBCモビットについて:お金を借りるならSMBCモビット

  • お金を借りる アルバイト

    就活も上手くいかずアルバイト生活!アルバイトがお金を借りる方法とは

  • つなぎ資金

    つなぎ資金が必要なとき・・・友人からの相談から分かったこと

  • パソコン壊れた

    パソコン故障で新しいPCにしたいけど・・・お金がない!安くなったとはいえ